2014年04月15日

チャンプ

チャンプチャンプ」見ました。

 子供にはいい映画を見せて育てよう運動の一環ですが、やっぱり中学生くらいにならないと映画もなかなか大人的には楽しめないようですね。千早も寅さんなんかはOKなんだけれど、たとえばこの「チャンプ」を見ても、奥さんが出て行ったのが7年前、チャンプがボクサーを引退したのが7年前でと聞いて、そこから幼子を抱えてひとり呆然とするボクサーの姿を想像するのは、やっぱり小学生にはなかなか難しいようです。

 とりあえず「チャンプ」です。一見して泣く人が一番多い映画といってもいい名作(俺調べ)。

 TJがいい子すぎるような気もしますが、なにしろすげーかわいい。秋月も千早も「TJはかわいいねえ」とほのぼのするくらい。子供が惚れる子供。すげーよTJ。

 前半全然ボクシングの話にならなくて、ひたすら競馬の話なんだけれど、まあそういう構成の瑕疵をあげつらってもしかたない。ボクシングシーンになったらいきなりクライマックスですよ。ロッキー的映画じゃないので、トレーニングシーンも控えめですが。

 別れた奥さんはひたすらTJのことを気にしますが、子供のことばかりじゃなくて、俺のことはどうなんだ!と叫ぶチャンプの姿に、ガーンときた俺でした。そうだよね、その場にいない人間みたいに言われたら頭に来るよね。そこに思い至らない奥さんにやっぱり離婚の原因があったんじゃないかと勘ぐったり。

 おれも息子にチャンプと呼ばれたかった、と男が人生を振り返ったりもできる映画。おススメです!


posted by delta16v at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/93214453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック