2013年12月05日

MG6230

MG6230 プリンタ買いました。中古美品のMG6230。

 いままでプリンタって家では使っていなかったのです。むかしBJF930使ってましたが(その前はVP-1000(笑))、使ってないのにインクがどんどん無くなるのがいやで、家ではプリントしない派になっていたのです。

 ここに至るまでものすごく悩みました。

 1.家内のIT力の低い人がデジタル画像を扱い始めた(&使い始める)。
 2.デジタル画像のポストプロセスを教育するのがすごくめんどう。
 3.昇華型のSELPHYかE370でも買ってきて、部屋の隅においとくか。
 4.でもあれ、プリント単価がお高いんでしょう?
 5.WiFi、メモリカード対応のインクジェット複合機を使うのが一番簡単そう。
 6.しかし、インクジェットプリンタのインクビジネスモデルにはまりたくない。
 7.ブラザーは互換インクも結構いけそうだし、インク消費量も現実的。本体も激安。
 8.ただしブラザーのカタログは「あしたのジョー」ですごくダサイ。
 9.しかしブラザーの940あたりは互換インクも使いやすいし、量販店で新品8千円以下で売っている(ここでほとんど買いかけた)。
 10.一方、ブラザーは写真画質に問題があり、1の解決には意味がない。
 11.キヤノンの複合機で互換インクを使うのが1と6に対応できそう。
 12.互換インクは使うと保証が効かなくなる脅しとか、いろいろきつそう。
 13.中古プリンタを激安で買って、互換インクで使いつぶすのが適当か。
 14.キヤノンで探すなら現行機はMG6530だが、これはMG6330の後継ではなく、MG5430の後継機。型番をかさあげして事実上の値上げを行ってるみたい。汚ねぇ!
 15.MG6330は最終処分で1万2千円まで落ちたが、今は14,700円くらいと少々理不尽。
 16.MG6330用のインクは新しいBCI350/351でまだリセッタも出ておらず、インクコストは互換にしても高めな雰囲気。
 17.MG6330にはMG6230から背面給紙がオミットされ、なぜかスキャナの解像度も下がっている。
 18.MG6120以前のものは、WiFiというかAirPrintの対応がなく、iPhoneからの出力にはいろいろと面倒な感じ。

 てなことがぐるぐると頭を巡って、結局7000円でMG6230の中古を購入しました。7000円使うのにどんだけ手間かけてんだよ。インクビジネスなんてやめてくれたらこんなに悩まなくて済むのになあ。

 だいたいインクジェットプリンタは画質的に飽和しているといわれて(私は全然そうはおもわないけど)、最近ではいじるところがないらしいんですよ。どうやって利益を出すか、ビジネスモデル勝負になってる。不健全な業界ですね。普通にプリンタをしっかり作って利益を出して、インクは妥当な値段で売ってくれればいいんですけど。

 中古のMG6230買って、それなりの互換インクで使ってる限りはキヤノンに1円もお金吸われることもないですね。それくらいアンフェアなインクビジネスは嫌いです。会社のプリンタも以前はレーザーショットだったけれど、あまりにカラートナーが理不尽に落とされるのでX社の複合機で1枚いくらというカウンタ契約に変えちゃったくらいです。こっちの方が精神衛生上いいです。

 でもまあ、これでiPhoneからもプリント出来るし、コンデジのメモリカードからも印刷が出来る。おうち印字のインクジェットの写真画質なんて信じないけど、ないよりはましか、としばらくこれで使って見ることにします。

 マットーなプリンタ作ってくださいよ、メーカー様。

 お、Amazonの新品たけぇ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81951166
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック