2013年05月17日

Nexus SでFirefoxOS

Nexus SでFirefoxOS Nexus SにFirefoxOSことB2G、Boot to Gekkoを導入してみました。

 最近の自宅マシンはめっきりUbuntuなので、ビルド環境はもとからあります。GitHUBからソース一式をpullしてきて、Configureしてビルド。これがすごいです。Configureに一晩、コンパイルとメイクにもう一晩かかるの。

 そりゃたしかにx61はいまとなっちゃ非力かもしれませんが、たかがスマホのOSいっこビルドするのに、これだけのパワーが必要とは。とほほのほーです。でもあれだ、コード一行も書かないで人の書いたソースをビルドするだけってのも、飛行機模型でキャノピのマスキングを人にやってもらって自分は塗装後にはがすだけの作業みたいなもので、なんだかすごくリッチな気分に浸れて大好きです。いや、そりゃデベロッパとしちゃクズだろw

 何回かビルドしましたが、毎回日本語フォント入れるの忘れます。いれればちゃんと日本語も表示できるのですが、ビルド前にフォントをコピーしといてやらないといけないのでついうっかり入れ損ねるとやり直しになります。関連のところだけなので、再ビルドはすぐに終わりますが、ROMに焼いてから豆腐表示を見ると何度見てもがく然とするというw

 B2Gの使用感自体はそれほど素晴らしいExperienceというようなものではなくて、Nexus Sについてはまずフォントやアイコンの表示バランスが悪くて、ランチャーの表示からしてちょっとしょんぼりなかんじ。アイコンはもう少しピッチ広く並べてもいいんじゃないですか。

 この辺は自分でフォークして直してみればいいんだろうけれど、新しいCM10とかNexus S用が公開されたUbuntuPhoneとかも気になるので、しばらくしたら消そうかと思います。

 とりあえずちゃんと動きますよ、ということで。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67811236
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック