日々雑感II Top > 本・雑誌 > ジュブナイル

2013年03月26日

ジュブナイル

SFジュブナイル 秋月が、

「春休みの間まんがばかり読んでちゃいけないから、僕が読めるような本を貸して」

などと殊勝なことを言ってきたので、さっそく図書館に寄って、子供向けの本を借りてきましたよ。

 小松、筒井、星。

 読まずに死ねるか。

 「2週間でこんなに読めるかなあ」
などどしょぼっちいことを言っていますが、小学校の全盛期のころの父なら、2日で終了だよ。

 子供向けに大きいポイントの活字にしていたり、子供向けに平易な表現でブラックな内容だったり、大人向けだけれども子供にも楽しめる長さだったり。どれも子供にも読めて、子供だましじゃない作品。

 ばっちりなラインナップです。

 これで本の虫になーれ!

   
posted by delta16v at 08:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 本・雑誌
この記事へのコメント
小学生時代の青春は岩崎少年SFだった…。
Posted by 呉市民まりもん at 2013年03月26日 20:11
うちは家人の本を借りていくよ。
ゲームはやるけどTVはあんまり視ないね。
TVよりは本を読んでる方が長いかも。

お子達よ、たくさん読んでちちのように賢くおなりなさい。
Posted by スフィア at 2013年03月26日 20:15
>まりもんさま
岩崎書店と言えば、わたしは「ダニーくんのSFぼうけんシリーズ」なんですよ。あれ、復刊しないかなあ。
ダニー・ダン、なつかしす。

金の星社の少年少女21世紀のSFとか今でもぜひ復刊して欲しい児童向けSFっていっぱいありました。

>スフィアさま
ちちがかしこいかどうかは後世の評価に任せたいと思いますが、たくさん本を読んできたという自負だけはあります。

本を読む習慣があるといろいろといいことも多いので、子供たちにはお勧めしたいですね。


Posted by delta16v at 2013年03月26日 21:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64067621
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック