2013年01月29日

x61、SSD化して爆速

x61のSSD化 ThinkPad x61は最後の4:3スクエア液晶機です。ワイド液晶嫌いなので、長く使いたいと思っていますが、このところいろいろとお疲れで。

 年末にまずバッテリの新品を買いました。4セルはLenovoでも欠品になっているようですが、商売の筋で少しだけ安く入手。ちなみにAmazonやヤフオクに出ているのは「純正」と名乗っていても偽物が多いので避けました。

x61にSSD で、次はSSD化なのです。

 SSDもどんどん安くなっていて買い時を失っていたのですが、このところのアベノミクスの影響でw為替が円安に振れ、なんとSSDも昨年12月を底値に急激に価格上昇してしまったのです。

 通常はムーアの法則というのがあって、待っていれば同一容量ならば値段も下がるのですが、SSDは低価格化と大容量化が並行しているので、買い時なものの値段はいつもあまり変わらない感じがします。

今回買ったのは120GBのCSSD-S6T120NTS2Q。中身は東芝のOEMで書き込みが早いのが売り。7700円が底値でしたが、このところ1万円前後でした。一瞬8400円になったところで購入。

x61にSSD 普通のHDDと同じように換装して、Acronisですいすいと中身を移します。

 容量けちったので、Win7のパーティションはかなり縮めました。クリーンインストールした方がいいに決まってますが、面倒なので仕方ないです。

 で、お楽しみのベンチマーク。

x61のSSD化 HDDの頃はこんな感じでした。

 スレッガーさんかい。
 おそい、おそいよ。

 でもいままでは比較する対象もなかったから、こんなもんかもね、と思ってました。Vistaに比べるとWin7は軽い方だし。これでもそれなりかなって感じ。

x61のSSD化 入れ替えた直後です。

 これだけでも速い。もうWin7を起動するのがスリープから回復するのと変わらないくらい。
 すげぇ。

 一番上のシーケンシャルに目が行きがちですが、Windowsの起動とかそういう動きでは4Kの読みこみが効くのだと思います。ここが40倍以上向上しているのが体感に効いてる感じですね。

 その後、ライトのキャッシュを入れたり切ったりしましたが、この辺からあまり変わらないな。

x61のSSD化 その後もいろいろといじったけれど、Win7ではアライメントはそれなりの設定で動いているようであまり結果が変わりません。

 更なる「すげぇ」という実感が欲しくてリスクを取ることにしましたw

 x61のSATA2は上限が1.5Gbpsなので、その制限をとっぱらって3Gbps化する怪しげなカスタムBIOSを入れてみたのです。

 ざっとこんな感じ。

 4kのリードライトはシークのオーバーヘッドが効くのでSSDに替えた時に最も向上するところですし、前述した通りここが上がるとそれが体感上素晴らしいレスポンス向上になって表れるのだと思います。

 回線の方もauの100M越えを使っているので、この状態で使っていると本当にCPUの全力!って感じがします。

 リミッターを解除されて全力で動作するx61。すばらすぃ。
 「あれがx61の本当の姿さ」
 と感動しますた。

 しばらくこれで延命できたよ。
 ワーイ!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61826755
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック