日々雑感II Top > コンピュータ・ネットワーク > Nexus Sに4.1.1Jelley Beans導入

2012年07月26日

Nexus Sに4.1.1Jelley Beans導入

Nexus Sに4.1.1Jelley Beans導入 ばったり。倒れています。

 Nexus SにAndroidOSの最新版4.1.1をインストールしようとしたら、途中でこんなふうに。
 
 先日、Android OS 4.1.1通称Jelley BeansがOTAで降ってきた(なぜかOTAは「降ってきた」というw)のですが、即時に「アップデート」と指定したにもかかわらず、私のNexus Sは4.0.4のままだったのでした。

 手動でインストールしようかな、と、

 http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1736645

から4.1.1のROMをダウンロードしてみました。

手順としては、

1.ROMをダウンロードしてきて、update.zipにrenameし、USB接続してストレージにコピーする。
2.リカバリーモードで起動し、updateを適用する。

と至って簡単。

Nexus Sに4.1.1Jelley Beans導入 リカバリーからインストールしてみましたが(NexusSはリカバリーのアンロックが簡単で助かります)、エラーになってイントールが停止します。メッセージを読むと、/system/fonts/DroidSansFallback.ttfがApply-patch-check-errorなんだって。ほー。

 やっぱり先日、フォントを入れ替えたのがいけないらしい。きっとOTAもこれでエラーだったんだな。

 オリジナルのフォントはどこかへやっちゃったので、古い2.3.6などをフルインストールして、そこから再度チャレンジすることにしました。

 ClockWorkModというリカバリを使うといいそうなので、http://clockworkmod.com/rommanagerからrecovery-clockwork-6.0.1.0-crespo.imgをダウンロード.

fastboot boot recovery-clockwork-6.0.1.0-crespo.img

とAndroidSDKのADB入っているフォルダで起動してみましたが、なんかぜんぜん進まない。
waiting for devicesだって。うーん、よくわからない。

 とりあえずandroid-sdkをバージョンアップしてUSBドライバを入れ替えて、も一回やってみたが、同様でした。

 色々試したら、USBでAndroidをつないだ状態でCWMを起動しようとしてもだめで、通常のリカバリを立ち上げた状態でfastbootからCWMを起動するのが作法らしい。そんなの知らんよw

 で、いっかい2.3.6にもどして再トライ。公式から落としてきたGRK39F_STOCK.zipを使いました。インストールには成功しましたが、動かしてみると実行時にフレームワークのエラー続出w

 びびって、今度は4.0.4のROMを落としてきて、フルインストールしてみましたが、やはりエラー続出でした。

Nexus Sに4.1.1Jelley Beans導入 これはもう駄目かもわからんね、と思いましたが、色々みていると、CWMに「wipe」と言う機能があったので、これでwipeしまくったら無事に4.0.4が起動しました。ほっ。

 そこでいよいよ最初にダウンロードした4.1.1のROMをrenameしたupdate.zipからインストール。

 で、やっとこ4.1.1があがりました。こんなスプラッシュなのか。

 wipeしたせいで、設定全部消えてるけど、今度はちゃんと動くようです。

Nexus Sに4.1.1Jelley Beans導入 途中、起動しなくなった時は汗をかきましたが、なんとか終了。

 レスポンスは4.0.4よりもよいような気がします。

 標準のフォントも以前よりずっと良くなっていて、特徴を求めないならば、このまま使っても問題ないレベルだと思います。

 ああ、疲れた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57240175
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック