2012年01月25日

白文帳

白文帳 雪風が突然「ちち、はくぶんちょうが欲しいから、買ってきてくれない?」と聞いてきました。

 はくぶんちょうはくぶんちょう。色々な字を考えましたが、頭の中には白い文鳥が飛ぶばかり。

 「漢字の練習に使うノートで、連絡帳みたいな小さいサイズの奴」という説明を聞いてもちっともイメージがわきません。学校じゃみんな使ってるんだって。

 ぐぐってみましたら、ちゃんと出ました。
白文帳は、漢字の学習に特化したノートブック形式の学習帳製品である。大きさは主としてA5サイズで、縦書きで使用する。なお、「白文」は漢字で書かれた文を意味する。1930年代後半に長野県の教師が考案し松本市の中学校で使われ始めた。文運堂が長野県向けに製造・販売を行っている。2008年現在、年間13万冊の販売されているがほぼすべてが長野県で消費されている。

従来から表紙は黄土色になっているものが多い。1冊あたり30枚綴じ(60ページ)の構成で、約10ミリメートル四方のマスが1ページあたり縦18マス×横13マス印刷されているものが一般的である。なお、漢字の学習に利用するノートとして同様の製品に漢字練習帳や百字練習帳などが挙げられるが、いずれもマス罫線の構成が大きく異なり、区別する必要がある。

長野県内の中学校で、生徒の漢字練習用に採用されている。使用法の一例として、宿題として1日に1ページ以上漢字を練習し、毎日あるいは定期的に学校に提出する、などがある(長野県の中学校では他に、数学・英語それぞれ1ページ、日記形式の連絡帳「生活記録」の毎日の提出も課しているところが少なくない)。
 返り点のない漢文が「白文」なんでしたっけ。忘れちゃったな。

 これって長野県ローカルなもんなんすか。そりゃ知らなかったよ。ちなみに長野ネイティブの母上も知りませんでした。

 試しにAmazonで調べてみましたが、売っていませんでしたw

 Amazonにもないのになーと思いながら、会社の近所の文房具やに行ってみたら、ちゃんとありましたよ。ジャポニカ学習帳と並んで売ってる。そういうもんなのか。

白文帳 中身はこんな感じです。

 表にも裏にもメーカーの記銘がありません。不思議なかんじ。Wikipediaによれば、文運堂てところが作っているらしいですが。

 18*13って、どういう使い方にいいのかよくわかりませんが、長野県の中学生には常識の一品だったようです。

 長野県に住んで長いけれども、まだまだ知らないことがあるんだなーと思った次第。
posted by delta16v at 07:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | 文房具
この記事へのコメント
ええ!これって全国版じゃなかったんですか!?
漢字練習はもうデフォルトだと思ってました・・・。
長野県だけだったんですね〜。
さすが教育県。
Posted by YAS−3 at 2012年01月25日 15:00
初めて見ました。

白い文鳥と漢字が違うぞ??と思いました。
Posted by キハ55 at 2012年01月26日 00:58
>YAS-3様
Wikipediaを見ると、松本の先生が発明したみたいですね。

長野オンリーなものって結構あるもんですねー。

筍と鯖缶とか。

>キハ55様
私も初めて知りました。

漢文書いていたらかっこいいんですが、実際は漢字の練習に使うみたいです。
Posted by delta16v at 2012年01月26日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53292386
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック