日々雑感II Top > アレゲなもの > 早稲田大学WEB-3

2012年01月10日

早稲田大学WEB-3

早稲田大学WEB-3 このところ、ながでんバスでこのような赤い車両が走っているのを時折見かけます。

 赤いからって通常の三倍の速さで運行しているわけではないようです(お約束)。

 後ろについたときにしげしげと見ましたが、「早稲田大学電動バス」なんて書いてあるじゃないですか。ほー。

 これにはワセダファンの子供たち大喜び。でもこれに乗ったからって早稲田には行けるわけではないようです。

 先日バス関係の方に聞いたのですが、どうやらEV型の電動バスなんだそうです。実験的に導入しているとか。

早稲田大学WEB-3 市報にも出ていました。なんとワイヤレス充電だそうです。スマートフォンなみの手軽さと言えばいいのか。

 実験的に運用しているとのことですが、聞いた話だと、一回運航する毎に基地に戻って充電しているそうで、一日フルに運行できるにはまだまだ技術革新が必要なようです。

 と、書きかけてぐぐってみましたら、早稲田で出しているニュースリリースがヒットしました。

 これによりますと、航続距離が短いのは狙ったコンセプトなのだそうです。
 早稲田大学は、平成16年度より先進電動マイクロバスWEB(Waseda advanced Electric micro Bus)の研究開発を続けております。先進電動マイクロバスWEBシリーズは、電気自動車の実用化にむけて最も高い技術ハードルとなっている“大きく・重たく・高コスト”なバッテリの搭載量を意識的に最小限化し、バスターミナルに戻って来る度に毎回急速充電を行なうという“短距離走行・高頻度充電コンセプト”を採用したユニークな電動バスです。これにより、車両重量低減と車両初期コスト削減が可能となります。

 “短距離走行・高頻度充電コンセプト”を電動バスに採用するには、バスターミナルでの充電を運転手へ負担をかけずに“短時間・安全・手間いらず”で行う必要があります。これを実現するための手段として、運転席からのボタン操作のみで充電を可能とするノンプラグイン方式の“非接触充電装置”を独自に開発し、導入することにしました。開発した機器は同タイプの電動車両用としては世界最高の総合効率“92%”を達成できております(2006 年時点)。
 そうかー、急速充電のためのワイヤレスなんですね。主要バス停に充電器を置けば、航続距離なんて数kmあればいいってことになるしな。頭いい!

 実験、うまくいって欲しいと思います。なんとかして一回乗ってみたいものですね。

 長野で赤いバスを見つけたら、ぜひ追いかけてみましょう。
posted by delta16v at 08:12 | Comment(6) | TrackBack(0) | アレゲなもの
この記事へのコメント
充電ってさぁ、こんなに大きいものでも出来るの?
仕組みがよくわからないので、どうコメントしようかと迷いましたが理解不足なため間抜けでスマヌ。
Posted by ≪スフィア at 2012年01月12日 14:32
本来は路線の各所やバス停などに充電器を設置して、充電しながら走るコンセプトなんでしょうけれど、評価試験みたいなものなので、充電器は車両基地にしかないそうです。

そんだもんで、車両基地発着の路線のみ走っているそうですが、一往復毎に充電しているんだとか。一回乗ってみたいなあ。

しかもワイヤレスなんですもんねえ。

今度バスの発進基地の方に行ったら、ワイヤレス充電器、見せてもらいたいものだと思います。

iPhone用のワイヤレス充電器見たいのの上に乗っかるのかしらん。
Posted by delta16v at 2012年01月13日 07:50
クラシックな誘導電力でのコンタクトレス充電?ですかねぇ。
数年おきに発生するであろう電池の交換とか、充電する電気の元の原子力なんぞを考えると、こりゃひょっとしてクワセモノではないのか?とも思いました。

ディーゼルシトロエン、機嫌がいいとリッター20近くはしってくれています。

雪のなくなる季節には北海道制覇してきますね(ホントは世界征服希望)
Posted by Skipper at 2012年01月16日 02:30
送電ロスというのは、ケーブルでの給電でもけっこうあるそうなので、ワイヤレスでのロス率とか知りたいですねえ。

いっとき馬鹿売れしたプリウスがそろって電池交換に入る時期はちょっとすごいことになりそうです。パナはその辺も読んで、サンヨーを買ったとか聞いこともあります。

北海道制覇、何万キロくらいメーター回りますかねえ。

ぜひよいドライブを!
Posted by delta16v at 2012年01月16日 12:45
何度もでてきますよ〜。

これって蓄電池じゃなくて充電時間のいらない蓄電器だったら素敵ですよね。

 でっかいコンデンサー(和製英語か)積んだ車がいいな。
Posted by Skipper at 2012年01月16日 16:51
どんどんと充電器の間隔を縮めて、コンデンサーで動かすようにすると…

なんと街中をリニアモーターカーが走りまわるロストフューチャーな世界が!

いっそ有線にして、トロリーバス化してしまえば…w
Posted by delta16v at 2012年01月16日 17:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53029755
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック