日々雑感II Top > エンターテイメント > 宮崎駿「風立ちぬ」映画化?

2011年10月19日

宮崎駿「風立ちぬ」映画化?

 あの「風立ちぬ」が映画化?ほんとに?

 宮崎駿カントクの「風立ちぬ」が劇場版映画になるという噂が流れているようです。

 まさに妄想カムバック。
インタビューの内容から、新作には、関東大震災が描かれること、戦争を扱うことが明かされています。
ファンの間では、モデルグラフィックスで連載された漫画、「風立ちぬ」を原作にしているのではないか、という予想が出ています。
などとファンサイトでも話題になっているようです。

 でも関東大震災の話題ってそんなに出てきたっけ。

 以前風立ちぬ | 日々雑感IIで取りあげた宮さんの「風立ちぬ」ですが、映画化するという噂が立っています。零戦を設計した堀越二郎のストーリーですが、ロマンチックなホラを交えて真実を語ろうとした雑想ノート系のおはなしですね。主人公はもちろん堀越二郎と9試単戦です。

 上記記事によると宮崎カントクやジブリそのものが作名を明らかにしたわけじゃなくて、大震災の話、戦争の話を盛り込んだものを作りたいと発言したとのこと。該当するオリジナルストーリーは「風立ちぬ」が一番近いので、それじゃないっすか、という流れのようです。

 モデルグラフィックスに連載された「風立ちぬ」本編では、例によって男性は豚で、女性は人間として描写されていますが、これが一般にどう受け入れられるか、ちょっと難しい気もします。

 宮さんは人間で描いた時に下世話な感じが出ちゃうのが嫌いなようで、戦争関係作品については登場人物を片っ端から豚にしたりしてんですが、その辺、のらくろあたりとの関連を考えるのも楽しいかも知れませんね。「泥まみれの虎」しかり、「ハンスの帰還」しかり、悪役一号が疾走する「突撃アイアンポーク」こと「多砲塔の出番」しかり。雑想ノートはみんな主人公が豚なんだよ。

 一般人にそういう事情は暗黙には伝わらないようで、「紅の豚」だって映画化にあたっては豚である理由をロマンチックに設定する必要があったようです。「風立ちぬ」に至ってはセビロ着たサラリーマンの航空機設計者が豚顔なんですから(話が進むに従ってだんだん鼻が小さくなっていくような気はするw)その辺どうかとは思います。

 名航のイカレ上司は豚顔がいい感じだけどね。そういやカプロニーおじさんは人間だったな。

 今後どのような展開になるか、予断は許しませんけど、9試単戦が美しく飛ぶシーンを描いてくれるのなら、ジブリ嫌いの私もついうっかり見に行っちゃうかもしれませんよ。

 追記)
 どうも、ジブリの鈴木の言として「宮崎駿の自伝」でもある、なんて話も出たそうで、風立ちぬ | 日々雑感IIで触れた、
結局、軍部の要求を満たすこと、すなわち顧客の要求のためには、自分の作りたい航空機の理想像を殺してでも、ありきたりな機体を作らなければいけない設計者の宿命、また自分の理想の航空機が、顧客の要望と合致した時の幸福、というのを、映画監督としての自分と重ねちゃったりする展開なのだろうか。まさかね。
 
 最近の宮崎映画=顧客のニーズにあった売れる映画で、しかしあんなのは自分自身が作りたい映画なんかじゃ断じてないのだぜとか、美しくなくても商売になるものを作らされている自分の悲哀ってのを堀越二郎に乗せて、とか。そういう超展開を一瞬想像してしまいました。うひー。
 なんてのが、まさか本当に実現しちゃったりしないだろうな、とちょっとわくわくしちゃいました。

 まさか宮さんもそこまで開き直らないだろうけどなー。
posted by delta16v at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48976876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック