日々雑感II Top > 自転車 > パンクその後

2011年09月13日

パンクその後

Bianchi Viale ぱっちーんとリアのチューブがハジけちゃったBianchi Vialeですが、お休みに開けてみました。

 クイックリリースはタイヤが一瞬で取れて、確かに便利なんだけど、外した後の自転車をどうしとくか、毎回ちょっと悩みます。ラックとかあればかけとくんだけど、一般ピープルは逆さにして立てとくか、その辺に寝かしとくかしかできないので、まだワクワク感が残っている新しい自転車の場合は、傷がつきゃしないかと、ちょっと心配になります。

 今回はウェスを敷いた上に逆さにしときました。

 そういや、リアはshimanoのキャリパーブレーキが入ってんですが、これ、どうやってリリースするんでしょ。Vブレーキはリリースしないとタイヤが外れないのが多いんだけど。レバーみたいのがあったんでひねったら、ロックレバーだったみたいです。

 今回は普通に抜けたので気にしないことにしましたが、そういうもんなんでしょうか。

パンク修理 開けてみたら、チューブに平行な二本の亀裂が入っていました。一センチ弱くらい。ちょうどリムの幅。

 がんばってパッチしてみたんですが、しばらくするとリークしてくる感じ。なんどかねばって貼り貼りしてみましたけれど、どうもよろしくない様子。

 下手だな。下手なんだな。

 やっぱ無理なのかしらん。スケバンだって、カミソリ二枚もって襲ってくるし、平行な傷ってのは、すごくつなぎにくいのかもしれない。

チューブ交換 結局あきらめて、チューブを買いに行きました。

 700/21〜28c用で一本840円。

 この際だから、一本余分に買って、お守り代わりに持っとくことにしました。

 これで万全!

 ショップのオヤジが言うには、今年は暑かったせいかパンクが多くて、チューブもよく売れたそうです。

 へー、そういうもんなんだ。
posted by delta16v at 08:09 | Comment(5) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
夏はパンクが多くなるのでご用心、と私も修理屋さんに言われました。


シマノのブレーキのシェアってスゴいの?
シャアぢゃないからね、赤くないし、彗星でも、専用ザクでもないから。
Posted by 《スフィア at 2011年09月13日 08:33
自分も自転車乗ってた時はスペアチューブ持ち歩いてました。パッチキットよりはちょっと重いけど出先でパンク修理するより楽なんだもの。

で、修理は帰宅してからゆっくりと。
Posted by かん at 2011年09月13日 11:43
>スフィア様
やあ、やっぱ夏はパンクが多いんですか。

基本的には高圧な方がパンクしにくいと店で話題になってましたが、外の気圧があがると相対的にタイヤ内の気圧がさがるんで、夏は高気圧だからパンクが多いのか、という仮説を立ててみましたが、ぐぐってみると、季節で言うと冬の方が気圧が高いんだって。

なんで夏はパンクが多いんでしょうね。みんなが外を走り回る機会が冬より多いとか、そんなのかな。

シマノ、世界一ですから。
釣り具もすごいらしいですけど。

>かん様
やはり予備チューブくらい持つのが、自転車乗りの心得ですね。

今回身にしみました(笑)。

出先で水が見つからないときだってあるかもしれませんしね。
Posted by delta16v at 2011年09月13日 12:12
パンクチャーならパッチでいいけど今回のdelta16vさんのみたいにバーストしちゃうとパッチじゃ修理効かないですしね。

夏にパンクが多いのはなんでだろ?エア圧管理ちゃんとしてないと高温で内圧上がり過ぎてちょっと劣化してるチューブがバーストしちゃうんですかね。
Posted by かん at 2011年09月14日 12:16
そうですね。
自分の修理が特に下手なわけじゃないと思いたいです(笑)。

一般的には圧たかめの方がパンクしにくいと言われますけれど、「夏に多い」とよく言われると、高すぎても抜けやすくなって交換になる、ということなのかなと私も思いました。

単純に夏の方が走行距離が多いからパンク機会も増えるとかそういう事情もあるかもしれませんが、この件は是非詳しい人に教えてもらいたい気分です。
Posted by delta16v at 2011年09月14日 12:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47891434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック