日々雑感II Top > 日常 > 鯖水煮缶消費量日本一

2010年06月09日

鯖水煮缶消費量日本一

たけのこ 千早が小学校の中に生えていたというたけのこを採ってきました。なんだそれ。

 「光ってたか?」
 「へ?」
 「根元は光ってなかったか?」
 「??」
 「い、いや、なんでもない…」

 食べてみたいと言い出したので、長野名物たけのこと鯖水煮缶汁の作成に入ります。

 長野の人しか知らないというなぞの料理です。

鯖水煮缶・マルハの月花 あわててスーパーに走りましたら、缶詰コーナーがこんなになってます。おお、鯖水煮缶だらけ。

 スーパーによっては通路の真ん中に鯖水煮缶コーナーを作って積み上げているところもあるくらいです。

 全国に存在する、鯖水煮缶在庫の大半がこの時期長野県に移動するなんていう都市伝説もあるくらいです。鯖水煮缶消費量日本一、なんてそんなニッチな(笑)。

 いろいろありますが、一説にはマルハの月花がいちばんだ、などという話もあり、そいつをいっこ購入。128円なり。

長野名物・鯖水煮缶 作り方っていっても、たけのこをそぎ切りにして、出汁で煮て、味噌入れて、鯖水煮缶をほぐし入れるだけ。

 海なし県の長野じゃ、魚のごちそうと言えば缶詰なんだぜ。

 
たけのこ汁 こういう出来上がり。

 まずいもんじゃないけど、そんなに取り立ててうまいうまいいうものでもない。まあ普通です(笑)。鯖水煮缶ってのはそれだけで食べてもすてきにうまいもんだしな。学生時代は何度も救われたよ。

 名物にうまいものなしといいますが、まあほどほどなお料理でした。たけのこ採ってきた千早は大喜びできれいに食べてしまいましたけれど。
posted by delta16v at 08:13 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
おお!もうそんな季節なんですね!
東京での修業時代に作ってやると、ものすごく評判が良かったですよ!
あの、キュッキュッて音がキカイダーのDr.ギルの笛みたいでちょっといやなんですが、やっぱりうまいですね!
あれ?溶き卵入れません?
Posted by YAS-3 at 2010年06月09日 16:27
同じ内陸の山形でも、似たような食べ方が。

『ひっぱりうどん』
鍋に乾麺のうどんを煮ます。
煮えたら鍋ごと食卓へ。
お椀に、納豆、サバ缶をお好み投入のうえ、醤油を適宜かけます。
そして、鍋からお椀に、うどん引っ張って食べるのであります。

私は、魚&サバ缶大好きですが、これは生臭くて食べられないのです。
納豆だけバージョンでいただきます。
Posted by キハ55 at 2010年06月10日 00:24
>YAS-3様
たけのこの季節ですねぇ。それにしてもこんなもんがいっぱい生えている小学校って…w
とき卵はいれませんでしたぁ。
こんどやってみようかな。

>キハ55様
うどんですかぁ。煮込みうどんみたいにすると面白いかも。鯖は味噌煮じゃなくて水煮でいいのでしょうか。

Posted by delta16v at 2010年06月11日 12:49
安曇野の方ではサバの水煮とたけのこ(根曲がり竹?)を調理して食すという習慣はないですね。(私が知らないだけ?)

長野県って峠を越えただけでも本っ当に食文化が変わっちゃいますよね〜。

さばの水煮缶は子供のころから大好きだったけど。食べたくなってきたな〜。スーパー寄ってみようかな〜。あ、ないか。
Posted by 情況劇場主人 at 2010年06月12日 16:46
>情況劇場主人さま
おお、中信には鯖水煮文化はなかったんですか。
噂では県外での同文化は長野と新潟の県境方面にのみある、とか言われていますから(どこでだw)、長野県内でも北信地方に多いものなのかもしれませんね。

おっしゃるとおり北信では、孟宗竹よりは根曲がり竹が一般的です。YAS-3さんがいうように、きゅっきゅっていうんですよね。
Posted by delta16v at 2010年06月12日 17:08
水煮缶のほうですね。

このみそ汁に、うどん投入もいいかもしれませんなぁ。
Posted by キハ55 at 2010年06月17日 00:46
あ、確かにうどんが合うかもしれない。
今度試してみます。

にゅうめんとかでもいいかもなー。
Posted by delta16v at 2010年06月17日 08:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38834496
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック