日々雑感II Top > 模型など > マスキング

2010年04月13日

マスキング

マスキング 秋月が近所のプラモデル屋で武器屋ことコトブキヤのフリースケールグレンラガンを買ってきやがりました。

 さすがに武器屋、確かによくできているんだけど、やっぱりバンダイの超絶多色成形というわけではないので、色を塗ってやりたいところもいくつかあります。

 それにしてもガンメンだよ。腹に顔があるんだよ。なんでだよ。
そもそも赤いプラを白く塗ったり明灰白色wで塗ったりはできないんだよ。

 で、父がマスキングをしてサフを吹く羽目に。

 久々にマスキングゾルだしてみたけれど、完全に分離してます。しょうがないのでむしり取った篠塚で、マスキングテープをめちゃ貼り攻撃。ああつらい。モデラー地獄の中の一つには「他人のためにマスキングだけやる地獄」とかありそうだなぁ。

 そういえばマスキングゾルって生産終了しちゃったんだっけか。

サフ吹き そんでシューとサーフェイサを吹きます。

 へまをして笑われるのもなんなので、薄く何度も吹きますが、ガンメンの顔ってサフたまるなぁ。

 もちろんマスキングを外すのは秋月の仕事ですよ。

 おお!とか感動してるしw
 
天元突破グレンラガン ここまでやれば、あとの筆塗りは秋月の仕事。例によって数か所ペタペタと水性アクリルを筆で塗って半日仕事の完了です。あいかわらずのジャーマングレイの隠蔽力に感動。

 秋月は作るのも好きだけれど、どっちかというとビューングワーンと振りまわして遊びたいほうなので、なんかすぐぶっこわして補修に持ってきそうな気がするんだけど。こうしてモデラーのおとうさんは真鍮線通すのがどんどんうまくなるんだよw

 盾にあるグレン団のマークはマスキングしないの?とかゆーな! 
posted by delta16v at 08:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 模型など
この記事へのコメント
おお!息子さんグッドジョブ!!

うちの子なんか、ガンプラをマッキーの太いほうで塗って、

なんか真っ黒にしてます(笑)


・・・モデラー地獄に落ちて、

『B-29のキャノピーのマスキング』

『四式重爆飛龍のキャノピーのマスキング』

ばかりやらされたら・・・嗚呼。

でもちょっと落ちてみたい。
Posted by 情況劇場主人 at 2010年04月14日 10:42
なんでもある画材を使ってみるというのは大事なことですねぇ。そういうチャレンジ精神で開発された画材も多そうです。

子供の頃は絵具で挑戦してはじかれたりしたなぁ。

モデラー地獄にも連結履帯のパーティング処理地獄とか、WLの船体が合わない地獄とか、キャノピーのマスキング地獄とかいろんな地獄がありそうです。

マスキング地獄の地獄たるゆえんは、それが他人の模型でしかも見せ場であるマスキング外す作業が持ち主の喜びになってしまうところですねw

子供には模型の楽しいところを教えたくてがんばっているのですが、当の子供はそれほど深くは考えていないようです。
Posted by delta16v at 2010年04月14日 22:34
スプレー作業は、屋外最強www
Posted by タンキスト85 at 2010年04月20日 09:35
エアブラシとか塗装ブースなんて、仮屋住まいの家族持ちには縁のない話で。

お天気のいい休日に外でプシューとやって、おうちの中では水性筆塗り。

これが日本のおとうさん!
Posted by delta16v at 2010年04月21日 08:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37068299
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック