2010年03月15日

Amazonの箱、でかすぎ

アマゾン箱 先日、「スペースシャトルの落日」に増補改訂版が出る、とのことでしたので、予約しておきました。

 後日、一冊だけ届いたんですが、こんなにでかい箱に文庫本が一冊だけ入れられて送られてきました。運ばれてきたのはほとんど空気。

 多分、色々なサイズの箱を用意する方が管理上のコストがかかるのでしょうけれど、大きな箱に一冊だけ入ってくるのは、ちょっと異様な感じもします。

 これが「資源の無駄」につながっていなければいいのですが。箱に使われる段ボールのコストと資源、やっぱり気になりますね。

 コスト優先なのはわかるのですが、箱を捨てるのが心苦しくてちょっとつらいです。
この記事へのコメント
どうも、こんばんは。
ウチには文庫本一冊、CD一枚なら佐川のメール便で届きますけどねえ。
文庫本2〜3冊でももっと薄い箱で来ます。
少なくとも4種は箱のサイズがあったと思うのですが、一体どうしたんでしょう。
Posted by mmsshhrr at 2010年03月15日 21:55
どうも、お世話様ですー。

最近Webでぐぐってみても、アマゾンの箱ネタは多いようです。以前はメール便みたいな封筒のもあったように思うんですが、最近はめっきりでかい箱一種です。私のところでは分割送付になった文庫本が一冊だけでかい箱に入ってくるという状況が続いています。
最近なにかルールの変更があったのか、ちいさな箱がたまたま欠品なのか。

もうちょっと様子を見たいと思います。

アマゾン箱の活用については色々なアイデアもあるようですが、早川さんちがどうなっているのか、心配ですw
Posted by delta16v at 2010年03月16日 07:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36397427
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック