日々雑感II Top > 子供 > 虹をくぐる男

2009年10月29日

虹をくぐる男

虹をくぐる男 昨日は虹が出たようですが、秋月は先生に、

 「虹のふもとには、宝が埋まっているのです」

 というお話を聞いたらしく、学校の帰りに友達と虹を追いかけ回していたのだそうです。

 自分では気がつかなかったそうですが、後方にいた友達から、

 「秋月、いま虹の下にいるぞ!」

 と言われ、真上を見て探したそうですが、想像にある「真下から見たうすっぺらい虹」のようなものはみあたらなかったそうです。

 ふしぎだなー、とふしぎがっていましたが、それをきいた雪風も、「虹の下なんて、はいれるのカー」と感心していて、まったくもって不思議な兄弟です。

 虹のふもと、と言えばアフリカ大陸のほとり、マダガスカル島は世界のすべての虹が大地につながっているふもと中のふもとで、島に立つと無数の虹が垂直にそびえたっているのが見えるという、「勝利の虹」の伝説があるそうですが(ソースは少年ジャンプ)、まだ難しいようなので、子供たちには話しませんでした。

 来年の夏休みの宿題は虹をテーマになにかやりたいそうなので、ちょっと楽しみです。
posted by delta16v at 07:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 子供
この記事へのコメント
 アタクシは、もらった高級画用紙に名画を書いて大満足、裏は切り紙細工に使おう、って切り抜いたらアラアラ不思議、表に書いた名画が・・・

 って泣いたことがありましたなぁ。
Posted by SSNあじ at 2009年10月30日 09:01
ちゃんとメビウス折りで、裏表を分離しておかないといけません。

名画、残念ですねー。いっそパズルとして再利用。
Posted by delta16v at 2009年10月30日 12:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33262152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック