2009年10月15日

レイヤーゼロ

レイヤー0 某社の改装があり、いろいろとこき使われています。このたてものの配線はもう20年もので、一番通じているはずのわたしももうさっぱり(笑)。天井裏に入っては見ましたが、なにがなにやら。調べてみましたら10BASET、10BASE5、10BASE2とすべてのケーブルが確認されました。

 どーならい。

 改装と言えば階層。雑用係にはあさっぱらからこのような第0層の仕事も回ってくるのです。

 OSIの参照モデルにおいては七つの階層が定義されています。
第7層 - アプリケーション層
具体的な通信サービス(例えばファイル・メールの転送、遠隔データベースアクセスなど)を提供。HTTPやFTP等の通信サービス。
第6層 - プレゼンテーション層
データの表現方法(例えばEBCDICコードのテキストファイルをASCIIコードのファイルへ変換する)。
第5層 - セッション層
通信プログラム間の通信の開始から終了までの手順(接続が途切れた場合、接続の回復を試みる)。
第4層 - トランスポート層
ネットワークの端から端までの通信管理(エラー訂正、再送制御等)。
第3層 - ネットワーク層
ネットワークにおける通信経路の選択(ルーティング)。データ中継。
第2層 - データリンク層
直接的(隣接的)に接続されている通信機器間の信号の受け渡し。
第1層 - 物理層
物理的な接続。コネクタのピンの数、コネクタ形状の規定等。銅線-光ファイバ間の電気信号の変換等。
 その名も高いアプセトネデブですね。試験も近いからよーく覚えておくように。

 しかしながら雑用係の仕事はきれいに7階層に分かれるものでもなく、この写真のような第0層-建築層のお仕事もたくさんあるのです。第0層-お掃除層と呼ぶ社員もいますが。

 今日の午後に米黒ソフトの偉い人の話を聞くという第8層-営業層の出張があります。一日にして上下に拡張される参照モデルです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32926234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック