日々雑感II Top > 子供 > ゆとり教育移行措置

2009年06月10日

ゆとり教育移行措置

ゆとり教育移行措置 ぜんぜん雪風のせいではないのですが、雪風はゆとり教育真っ只中に小学校時代を過ごしました。

 いまや「移行措置」という立場らしく、なにやら執行猶予のような謎の立場です。

 そも移行措置とはなんぞや。
 その新しい学習指導要領ですが、小学校は2011年度から、中学校は2012年度から始まるとされています。これはあくまでも全面実施の話であって、実は2009年度から段階的に始まるので注意が必要です。
 なるほど。脱ゆとりの第一歩なのですね。

 それにしても英語がやばいです。S+V+O+Cとか人称代名詞の格変化とか三単現とか、そういう文法回りが一切なく、ひたすら英会話をやっているみたい。しかも私たちんときのように、単語の暗記強制というのが一切なくて、新しい単語が出てきても、先生はスルーらしい。これじゃあ、文章は作れねェよと思います。見たことがない人も多いと思いますが、機会があったら中一の英語の教科書を見てみてください。驚くから。

 読み書きはできても会話は苦手、というのと会話は出来るけど、読み書きが出来ないとじゃ、ずいぶん違う気がします。なんだかアメリカのプアホワイトみたいでやだなぁ(差別発言禁止!)。

 しかたがないので毎晩2時間、父が付きっきりで教えていますが、どうなるかなぁ。
 昔から塾が嫌いで、「学校で教わることをしっかりやっていれば塾など必要ない」と思っていましたが、あの授業じゃどうにもなりそうもありません。家でみっちり教えるしかないよね、これは。 

 どうもね、教える方もゆとり教育のようです。若い教員の方はゆとりカリキュラムでしか教えたことがないんだな。宿題とかいっても、「なんでもいいから6ページ分ノートにやってくること」って、そりゃいったい何の宿題なのか。英語も数学もそういう「自由テーマ」宿題(っていうの?)で、雪風も目を白黒しています。

 どーならい。
posted by delta16v at 12:34 | Comment(6) | TrackBack(0) | 子供
この記事へのコメント
好きな言葉ではありませんが、
所謂「ゆとり世代」がぽっこりと誕生してしまうのですよねぇ。

教育って難しいですね。
Posted by 銀色。 at 2009年06月10日 13:32
 日本語で自己表現できるようになるのが先決ではありゃしませんかのう。

 修士課程程度までだったらまったく丸暗記で全然問題ないでしょ♪

 教科書を10回もマルマル書写すれば全部覚えちゃいますよ〜。
Posted by SSNあじ@夜勤明け at 2009年06月10日 14:56
>>S+V+O+Cとか

思わず、Ctrl+Sの事かと思っちゃいました^_^;。

(今でもダイヤモンドカーソルとか使えるんだろうか^_^;;;。)
Posted by ぽち at 2009年06月10日 15:08
同じ中一の男の子がいますが‥…。
我が息子は帰国子女なので、一般的な英会話はOKなんですよ。

では、カナダに行った時にどうやって英語を覚えたか?
本当に耳だけだったんですね。
でも、そこから入ってきちんとした文章が書けるようになったんですよ。
もちろん、幼稚園や小学校一年の時のことです。
日本語でも、これが動詞でこれが名詞で‥…って考えずに最初かけるようになりましたよね。
私たち。

そして、その後から、SVOを感覚でつかんだような感じです。
それとおなじかな?って見ております。

だから、あながち今のやり方も間違いではないのかな?って
思います。
ただ、受験英語へ向かうとなるとそのあたりをきちんと教えないといけないのは最もなご意見だと思いますが。

ただ、息子には単語と単語のスペルだけは必死で覚えるようにいっております。

後は、最近大事と思うのはフォニックスですね。

確かに私たちの頃の英語教育とは全然違いますね。

勝手な私の意見のべさせてもらってすみません。
Posted by BRIAN925 at 2009年06月10日 15:35
「ゆとり教育」をかたったら長いから割愛させていただきます。
義務教育を行政側と保護者側の両方から第三者の立場から現在見ています。
言いたいことは山ほどあります。

うーん、難しいなぁ。
Posted by ≪スフィア at 2009年06月10日 18:10
みなさまコメントありがとうございます。

私自身、「勉強のための勉強なんかくそくらえ!」という威勢のいい考えと共に、あれはあれで意味のあることだったんだなぁという思いも共にあります。
共通一次で鍛えられたという意識がどこかしらあります。雪風にも最低限父と同じくらいの常識的知識は持っていてほしい、とか思ってしまうのもある種の親ばかであったり。

>銀様
難しいけれど、自己責任で色々と子供に仕込むのは面白いです。自分も勉強になります。

>SSNあじ様
>日本語で自己表現できるようになるのが先決ではありゃしませんかのう。
まったくもって御意。英語早期教育はどうかなぁと思います。ちょっと半端じゃないかと思います。

>修士課程程度までだったらまったく丸暗記で全然問題ないでしょ♪ 教科書を10回もマルマル書写すれば全部覚えちゃいますよ〜。
いきなりマスターですよ。マスター。

全部暗記は究極の勉強法です。暗記パン、プリーズ。デザートにほんやくこんにゃくも。

>ぽち様
私も学生時代は、ワードスター準拠で仕込まれたのですが、途中から滅茶苦茶なポジションになってしまいました。先輩ごめん、せっかくおさったのに。あちこちショートカットしていると小指が吊ります。

>BRIAN925様
一日中シャワー浴びるように英語が聞ければ、とは思います。でも週に数時間ではちょっと苦しい。

自分が左脳型人間(ヒカガクw)なので、どうしても感性よりも悟性を重視しがちなところがあります。理屈から入った方が分かりやすいの。雪風は感性的人間なんですが。

単語のスペルは毎日、父の自作ドリルでがんばっているようです。単語カードは作っているけれどあまり持ち歩いてはいないようで。部活も忙しいし大変かな。

自分たちが教わったのと全く違うやり方のようなので、すごく不安になります。

>スフィア様
語ると長いですかそうですか(笑)。
難しいですよねー。
Posted by delta16v at 2009年06月11日 08:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29715205

この記事へのトラックバック