日々雑感II Top > コンピュータ・ネットワーク > アイソレーション・キーボード

2009年05月22日

アイソレーション・キーボード

 ちょっとした事情でネットブックを漁っています。スペック的には(まあ外見的にもそこそこに)ネットブックPC dynabook UXがよいなと思って、店頭へ見に行ったら、なんとアイソレーション・キーボードでした。

dynabook UX

 アイソレーション・キーボードはvaio type Z で久々に見たすきっ歯なキーボードなんだけれども、おいらなんかには、あれはもうパピコンにしか見えませんね。ああ、なつかしのPC-6001。

 店員さんは、わたしFF11(とか言ってた)でも使ってますが、キーを押し間違えないので具合がいいですよと熱心に推奨してくれたのですが、私には合わなかったっぽいです。PC-6001みたいですね、と言いましたが、あまり分かってはもらえなかったようです。

 いろいろと調べてみると、剛性は取れるみたいですが、キータッチもペチペチとした感じで、ああ、やっぱり俺はThinkPadX22で当分生きていくのだ、と思い直してしまったのでした。
この記事へのコメント
キーを斜めに押したときのフリクションはどんな感じなんざましょ?
収入の少ない今時ですから、もう支出をミニマムにしないとねっ!
いくら安いのロコポイントっつっても買わなきゃ無料、これが一番安いで〜し。Z80なつかし♪
Posted by SSNあじ at 2009年05月23日 11:12
確かに枠がはまっているだけあって剛性感はあるのですが、ストロークがペタペタで押した感じの剛性感が不足していますです。昔の電卓見たい、というか、やっぱりキータッチもパピコンぽかったです。

Z80は青春だったんですが、大学にはいったらモトローラ狂の先輩がいて、ずっと6809のアセンブラばっかりやらされました。アセンブラだと最初は割り算ひとつとっても難しかったですよー、数学的にいえば、掛け算の逆シフトなんですけどそれがわかるまではw
Posted by delta16v at 2009年05月23日 21:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29301770

この記事へのトラックバック