2009年04月15日

R-D1xG

R-D1の後継機が発売だそうです。
セイコーエプソンは4月9日、液晶モニタを2.5型に大型化し、32GBまでのSDHCメモリーカードに対応させたレンジファインダタイプのデジタルカメラ「R-D1xG」の販売を開始した。オープン価格で、推定市場価格は27万円前後。
 どこが変わったかと言うと、
R-D1xGは2006年3月に発売されたR-D1sの後継機種にあたり、レンジファインダの改良、液晶モニタの大型化(R-D1sの2.0型に対し 2.5型)、32GBまでのSDHCメモリーカードへの対応などのアップデートが施された。また、撮影時のホールド性を向上させる取り外し可能なハンドグリップが同梱されるようになった。
ということです。「最新の」というよりは、金型償却の一掃セールという感じですかね。

 せっかくなので、R-D1の意義について考えたいと思います。

 MFであること、L/Mマウントであることはさておいて。
・メリット
ミラーボックスを持たないためバックフォーカスの関係上レンズ設計に有利。
シュートした瞬間が見える。
ファインダーの明るさがレンズの明るさに依存しない。
ファインダーによっては撮影フレーム外も見通すことが出来る。
ミラーがなくて、音が静か。
・デメリット
特に近接時に視差が発生する。
接写、望遠時のピント合わせに難がある。
高度な光学およびメカ設計が必要で、高価になりがち。

といったところでしょうか。

 やっぱり広角に魅力があるのですからCCDサイズは重要だと思います。この値段ならフルサイズにして欲しかったところです。いっそ600万画素フルサイズとかいうびっくりスペックでも楽しかったかもしれません。

 L/Mマウントのいいのを持っていて、スナップ用に気軽に使いたい人はいるはずなので、エプソンさんには頑張ってもらいたいと思います。

 こういうレトロ風のメーターなんかいりませんから、デジタル時代ならではのレンジファインダーカメラの存在意義について新しい提案が欲しいところです。マニアのコレクションにしてしまうには、惜しいコンセプトじゃないでしょうか。
posted by delta16v at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ・写真
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28487980

この記事へのトラックバック