日々雑感II Top > 自転車 > CS3200ブレーキシュー交換

2008年12月24日

CS3200ブレーキシュー交換

CS3200ブレーキ1 忙中閑あり。CS3200のフロントブレーキがすってんてんになってきたので、交換しましたよ。

 いままでかなり減っていたので、アジャスターをぎりぎりまでひっぱってました。このままで交換するとブレーキかかったままになってしまいますので、まず一番先まで延ばしておきます。

 そんでVブレーキのインターリードを外してやると、ほらもうワンタッチでブレーキシューがフリーになりますよ。

 よくできているなぁ。
CS3200ブレーキ2 ひだりが新品。みぎがいままでつかってたのです。

 そういえばブレーキシュー、二つセットで900円でした。安いのか高いのか、よくわからんな。

 もっと上級のですと、シュー部分のみカートリッジ式になって取り換えができるのがあるのだそうですよ。かっこよさげなのでそのうちつかってみたいにゃー。

CS3200ブレーキ3 そんで取り付けです。

 まあ普通に5mmのヘックス(自転車業界じゃアーレンキーっての?)でゆるめて、交換するだけ。

 わたしのやつは実はワッシャーを内側と外側入れ替えてつかわないと、シューが内側すぎて完全ロック状態になってしまいました。組み上げてから5分ほど首をひねりましたが、よく見るともとのもそのように組んであったので、これでよかったのかな。

 ものの本によると、ちゃんとシュー自体にトーインをかけてやると、タッチも効きも向上するんだとか。奥が深いなぁ。

CS3200ブレーキ4 で、組みあがり。20分かからないよ。

 それにしてもシマノのVブレーキってのは素晴らしいです。むかしのカンチレバーなんて、分解だけでも大変だったような気がします。効きの方もたいしたもんでリアが浮くほどです。これなら当分油圧ディスクなんていらないなー。

 CS3200、またちょっとよくなりました。うふふのふ。
posted by delta16v at 07:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
ワッシャの入れ替え。
こういうのを発見気づいたときにはハタと膝を叩いて満面の笑みですよね〜。

腰下整備の終わったエンジンを機体に積むときにそんなことありましたなぁ(しかし、水平対向エンジンでも腰下って言います?)。
Posted by SSNあじ at 2008年12月24日 15:19
機械いじくっていると、そういう瞬間ってありますよね、ワッシャの入れ替えはささやかですけれども。

水平対向エンジン、なんていうんでしょう。
腰よこ?えーッ?
Posted by delta16v at 2008年12月25日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24699473

この記事へのトラックバック