日々雑感II Top > 日常 > 米黒ソフトとの一日

2008年10月09日

米黒ソフトとの一日

米黒ソフト社長 社交辞令を真に受けて、でっかいソフト屋さんの決起集会に行ってきましたよ。

 いきなりまっくらな部屋の中で、ミラーボールがぐるぐるしているうえ、エグザイルっぽいバンド(すみませんわかりません。なんか今風という程度の意味)がでかい音で生演奏していてびびりました。社長なんか生バンドのジングル(?)に乗って、でてくるし。うーむ。

 私にとってのこの会社は、やっぱしオモチャと言われたPCのOSから、なんとかしてスーツの世界で位置を占めたいとじたばたやっていた会社であるので、いきなりこういうソフトなイメージを強調されると、逆の違和感があるんですが、若い人には固い会社のイメージなのかなぁ。

 闘うプログラマーこと、かのデーブ・カトラーがあきれたというあのマイクロソフティのふざけた文化というのは、あくまでもアメリカのエンジニアのもので、日本法人のビジネスマンには向かないと思います。外資系渡り歩きおじさんたち(偏見なのである)のハイタッチってのは、やっぱ見ていてちょっときつい。

 樋口さんも、ダイエーから移った頃にパーティで顔を見たことがあるけど、当時は実直そうに見えたけどなぁ。まあ、経営者は演出も大変ということでせうか。

 ちなみにWindows7は噂のかけらも出ませんでした。パーティでの風説では、まだ時間がかかるんじゃないの、Vistaもあるしね(笑)といったところでしょうか。

立食パーティ 立食パーティったって、べちゃべちゃしゃべって、ビールたらふく飲んでいたら、あんまり食べられるものじゃないです。あれ、不思議だなぁ。

 結構カロリーは取っているような気がするんですが、ぜんぜんおなかにたまらない。立食パーティはダイエットには強敵ですよ。

 Z80から30年のキャリア。不惑を超えて、某社の賂を食む。
 うーん、人生いろいろだなっ。
posted by delta16v at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20813661

この記事へのトラックバック