日々雑感II Top > 日常 > 京都のおみやげはきつね面せんべい

2006年12月06日

京都のおみやげはきつね面せんべい

きつね面せんべい 会社の同僚が、先週のおやすみに京都に行ってきたそうですが、おみやげはこれ。きつね面のおせんべい。

 形はともかく、わりとおいしくて、千早もぽりぽりと一枚食べちゃいました。





きつね面 きつね面の少年といえば、つげ義春。若い人にはメメクラゲと「イシャはどこだ」のセリフで「ねじ式」のひととして知られていますが(というより「ねじ式」しか知られていない?)、私も一通り読みました。

 でも後に、ツァイトのX68000版(だっけ?)の「ねじ式」をプレイしたおかげでなにがなにやら、ぜんぶごちゃごちゃになりました(笑)。ゲンセンカン主人とか紅い花とか、あの強烈なモチーフが山ほど入ってくるんだもの。きつね面の機関士は「ねじ式」でしたっけ?

「究極超人あ〜る」でもリスペクトしまくってましたね。必殺するめ固め。

「アリア」にも出てきたっけか、きつね面。

 かようにきつね面とはイメージを膨らませてくれるおみやげだったのでした。
posted by delta16v at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2008463

この記事へのトラックバック