日々雑感II Top > 本・雑誌 > 敵は海賊・正義の眼

2008年09月19日

敵は海賊・正義の眼

敵は海賊・正義の眼 「敵は海賊・正義の眼」読了。

 「敵は海賊」シリーズ10年ぶりの新作ということで、出た日に買ったのですが、なんとなく読むのが惜しくて、ずっと積読に。でも結局、出張中に新幹線で読んでしまいました。

 今回は、実に今日的な話題に満ちた作品です。それはニートの問題であったり、ネットイナゴ関連であったり、思い当たる節がたくさんあります。

 なにしろテーマが、「借り物の観念に相乗りして、自分は絶対に安全なところから撃ちまくり人を人を傷つける」というモチーフ。その姿は匿名性に守られたネットの悪意というやつを思い起こさせるに十分です。

 そう言えば、

ここしばらくの「敵は海賊」にはアクションが足らん!

と嘆いていたあなた。本作は久々に海賊課とヨウ冥(漢字で書けんw)の本気の戦いが楽しめますぜ。

 ラジェンドラはリミッタ抜きでCDSのフルスケール攻撃を見せ、ラテルはインクリーザつきのレイガンをぶっぱなし、ヨウ冥はフリーザーで対抗する。そしてそのヨウ冥さえも恐れるかの黒猫の一撃!

 ああ、素晴らしい。

 しびれる一作。ラヴ。 

posted by delta16v at 12:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19654723

この記事へのトラックバック