日々雑感II Top > 模型など > ガンプラコレクションでコタツトップ・モデリング

2006年12月03日

ガンプラコレクションでコタツトップ・モデリング

ガンプラコレクション 先日大いに驚いたガンプラの模型ですが、母上が育成会の忘年会で出かけているのをいいことに、居間のコタツの上で作ってみました。

 千早の分を買ってきたら、マ・クベのギャンが出てきたわけですが、いつの間にか雪風はガンキャノン、秋月もダブったギャンを持っていました。えーい、みんな勝手に作れ!

 コタツトップ・モデリングの最大の難点は「におい」です。プラモデルを作っていると、やたらと有機溶剤が揮発するもので、これが世のおかーさま族に嫌われる所以でしょう。今回は接着剤にリモネンを使ってみました。左下のオレンジ色のふたの奴です。
 これは柑橘系の原材料から出来ていて、なんとみかんのにおいがするのです。シンナー臭まったくなし(でも体によくないのは同じだそうなので、くんくんするのは避けましょう。出来ればマスクを)。みかんの皮でプラが溶ける、なんて想像もしなかったな。
 また塗装も居間でやる以上、Mr.カラーをエアブラシというわけにはいかず、水性のタミヤアクリルを筆塗りです。ムラムラでもここは楽しければOK。子供たちはアクリル塗料をまるで絵の具のようにこねくるので、父はハラハラするよりも頭に来ちゃう(笑)のですが、そこはガマンガマン。
#ふ、筆がぱさぱさだよーん。

マ・クベのギャン 千早専用ギャン。父作。
 父はちょっとズルをして、楯にサフ吹いちゃいました。だって青いんだもん。水性アクリルで黄色と赤なんて、無理っすよ。

 それにしても小さいです。あまりの小ささにヤスリが入りません。ちょっとプラ板切って、自作ヤスリ作りかけたんだけど、へなへなで全然ヤスれそうもないし。従って合わせ目もゲートあともそのまんまだ。勢いで組むべし。

 アンテナはもうちょっと削り込むつもりだったんですが、千早が手に持って遊ぶ用なので、危険を考えてそのまま残しました。まあこれだってサーベルが危険なんだけど。

 このガンプラコレクション、その小ささについ注目してしまうのですが、思ったよりもまじめに作ってます。足がボールジョイントになっていて、関節固定の癖に、割とちゃんと立つの。驚きました。かっこいいよ、これ。

 ギャン 大きさ比べ。
 左から、ガンプラコレクション版ギャン(千早専用機)・MG版EZ8・ガンプラコレクション版ギャン(秋月専用機)・HGUC版ガンキャノン・ガンプラコレクション版ガンキャノン(雪風専用機)。
 秋月、割とちゃんと塗れたじゃん。年長さんにしてはなかなか。さすがの雪風も赤成型の頭部は白く塗れなかったようで...

 というコタツトップ・モデリングでした。

#一箱300円弱でこんだけ遊んじゃったよ(笑)
posted by delta16v at 14:53 | Comment(2) | TrackBack(1) | 模型など
この記事へのコメント
父がいちばん楽しそう(笑)
Posted by 銀の蛇蜘蛛 at 2006年12月04日 03:42
そこが問題なんですよ!

最初はまじめに指導しているはずなのに、いつの間にか楽しくなっちゃってます。

「なんで父の手が一番汚れてるわけ?」
と帰ってきた母上のあきれ顔。
Posted by delta16v at 2006年12月05日 07:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1929270

この記事へのトラックバック

ガンプラを筆塗りで作るブログ。
Excerpt: ガンプラを筆塗りだけで作るブログ。ガンダム・SEED
Weblog: ガンプラを筆塗りで作る!
Tracked: 2007-06-07 22:09