日々雑感II Top > 本・雑誌 > シオンシステム

2008年09月12日

シオンシステム

シオンシステム」読了。「シオン」と言えば沢田聖子、って古すぎ。

 三島浩司って知らないけど、徳間のSF新人賞取った人みたい。最近、新人賞もいろいろあって、受賞第一作を追いかけるだけでも大変だ。

 寄生虫を使って人間を健康にする「アイメリア・シオン」、さらにそれを発展させた「シオンシステム」による、病気の予防回復と従来型の医療との相克の話、ってまとめかたが違う!?

 シオンはもともと鳩の体内で発見されたらしいのだが、そういったいろいろな「事情」が、構成のためかうしろの方でパラパラと説明されるので、なんだか入り込みにくい。これはもう作り方の問題なのかな。文章それ自体は癖もないし、アイデアも面白いと思うのですが、その秀逸なアイデアがつながりなく単発で出てくる感じ。ちょっともったいない。なぜか読むのに非常に時間がかかりました。

 結局ハルカがなにものだったのかの伏線は回収してほしかった。これが要するにキモでしょ。

 次でたら、読んでみます。

 それにしてもアレだな、寄生虫ものというと、いつまでたっても「ガダラの豚」を超えるイマジネーションって出てこないものですね。

 あ、読んでいる間じゅう、「レース鳩0777」を思い出してました(笑)。子供のころ、レース鳩やりたかったんだよなぁ。大関って大関正宗のパクリというかリスペクトなんですね、きっと。

 
posted by delta16v at 07:58 | Comment(5) | TrackBack(0) | 本・雑誌
この記事へのコメント
さ、さ、沢田聖子萌えぇぇぇぇぇぇ(;゚ Д゚)
そっちに反応ですか、私。
Posted by itsuki at 2008年09月12日 19:15
沢田聖子ですか…大好きですww
Posted by Mic at 2008年09月13日 01:56
「坂道の少女」のアルバム、懐かしいですね。
いまもジョギングしながら
「走ってください、あなたのために♪」
と心で叫んでいます。

ちょうど松田聖子と同期で、
「かわいいのがせいこ、ブスなのがしょうこ」
とか
「歌が上手いのがしょうこ、音痴なのがせいこ」
などという戦いがあったのも懐かしい。

イルカの妹、だったんだっけ。なんか仲よかったんですよねー。
Posted by delta16v at 2008年09月13日 07:31
沢田聖子のCDあります。
ああ、なんか重なりますネェ。
Posted by ≪スフィア at 2008年09月15日 22:58
いまも現役でライブやっていらっしゃるそうですね。なんか青春を思い出して言ってみたい気も...

とりあえず、発作的にCDが欲しくなってきました。
Posted by delta16v at 2008年09月16日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19217929

この記事へのトラックバック