日々雑感II Top > クルマ > 土屋圭市トークショー

2008年09月06日

土屋圭市トークショー

土屋圭市トークショー 友人が先生をしている専門学校の主宰で、かのドリキン・土屋圭市選手のトークショーがあるとのご招待をうけ、速攻参加。

#土屋先生、というのも変だし、圭ちゃん、なんて馴れ馴れしい呼び方は出来ません。
#私にとってはやっぱり「土屋選手」なのです。

 鈴木亜久里氏と話されているそうですが、たぶん30年後には今のようなガソリン車は存在しないだろう、でも何に乗っているにせよ、その世代の人にとって、「クルマ」というものがやっぱり価値を持っていて欲しいものだよね、という話にはぐっときました。

 「イニシャルD」監修の裏話でも「音」の話はしていましたが、やっぱりあの「スキール音」というのが、クルマの楽しさの何パーセントかを占めているのは、事実なのかもしれません。迷惑の何パーセントかもしれないけど。
 とにかくハイブリッドや電気自動車ではあの「音」って出ないよねぇ。エンジン音、排気音、スキール音。楽しさと周りへの迷惑。難しいけど両立したいものです。

 接地している状態はレーサーも市販車も同じ。操る練習はどんなクルマでもできる、とか本当に勉強になります。でも「善光寺のまわりでドリフトしたい」ってのは、ちょっと難しいかもね。

 150〜250mのクローズドな場所、コーナー2,3個あればD1はできるそうなので、長野でもぜひD1のイベントをやりたいとおっしゃっていました。楽しそうだなぁ。

 カプチーノじゃ参加は難しいかなぁ。あれ、無理に滑らすととんでもないとこに吹っ飛んで行きたがるクルマなんだよなぁ。

 今日は何に乗ってきましたか、との質問に

「すみません新幹線できました」

とお答えになっていました。ハチロクで来ないのですか、と聞かれ

「私のハチロクはすぐに壊れてしまうので、
長野まで往復する自信がありませんでした」

とのおっしゃりように、大変親近感を覚えたラテン車乗りでした。

 ああ、楽しかった。わざわざご招待メールくれたBENちゃん、ありがとー。

土屋圭市選手関連記事
あなたのイタ車はイタポジですか? | 日々雑感II
ドリキン・土屋圭市氏のこと | 日々雑感II
posted by delta16v at 20:59 | Comment(5) | TrackBack(0) | クルマ
この記事へのコメント
確かにアイロンや洗濯機とは違っていて欲しいものです。とか言って
彼らにロマンを感じる方には申し訳ないですけど(笑)

自動車関係の学校なんですか?
Posted by 銀色。 at 2008年09月07日 10:20
週末に土屋さんの出てくるFM放送があって、よく聞いてます。
すんげ〜〜〜昔にジムカーナもやりましたけど、最近は「タイヤ鳴らさない派」で〜す。
Posted by DD「すぺいんかぜ」 at 2008年09月08日 07:08
>銀様
へい。自動車整備士の育成をやっている専門学校です。なんと土屋選手の母校だそうよ!

さすがは長野県最速の男。

>DD「すぺいんかぜ」様
長野でもネットされているそうなんですが、知りませんでした。土屋チルドレン失格!

Bライ一応持っているのですが、デルタではなかなか億劫で、ジムカーナとかに参加する機会がありませんでした。カプチーノくらいならいいかなー。でもクルマ壊れちゃうと直すお金がありませぬ。どうせ自走参加だし。
Posted by delta16v at 2008年09月08日 08:26
ううっ。
中谷ファンなのでコメ出来ず。
なんか損している感じ。
Posted by ≪スフィア at 2008年09月08日 23:28
>スフィア様
妻は佐藤琢磨ファンなので、土屋圭市関係の話題には興味がなさそうです。

琢磨は公道ではミニ乗りなんで、その辺激しくシンパシーなんだそうで。
Posted by delta16v at 2008年09月09日 07:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18944874

この記事へのトラックバック