日々雑感II Top > 日常 > チック・コリア ピアノデュオプレイズ・アコースティック

2016年05月18日

チック・コリア ピアノデュオプレイズ・アコースティック

2016-05-18 18.23.54.jpg 長野市芸術会館というホールが新しく出来て、げーじつカントクの久石譲がいろんな人を連れて来てくれます。今回はチック・コリア。

 あまり意識して聞いたことがないと言うか、マイルス・デイビス聞いてた頃に一緒にやってた人ってイメージ。いいのかそれで。

 ピアノはジャズっぽいのよりもアコースティックぽいのをよく聞いてて、ウィンダムヒルというかまあジョージ・ウィンストンですよね。学生の頃はそっちばっかり聞いてました。AORとか言ってああいうライトなさわやか系が流行ったんだよw

 だからチック・コリアと聞いてもピンとこなかったのですが、絶対に楽しいから行こうぜ、と奥様が誘ってくれたので、展開。

2016-05-18 18.37.18.jpg なかはこんな感じでした。やっぱり町中のホールなので横がせまい。きれいな千石劇場ってかんじ(なんぞそれw)

 演奏はよかったですよー!一緒に演奏した小曽根真がすごかった。よくあんなのに合わせるなあ。

 今回二人で2曲ずつ新しいの書いてきました、ってスコアを乗せるんだけどペラ一枚でしかも全然めくったりとかしない。一体どういう圧縮率で書かれているスコアなんでしょうか。ジャズ恐るべし。

 何曲か知ってるっぽいのあったけど、モーツァルトのアレンジとか全然わからなかったよ。すこしだけ分かりやすい曲だなあとは思ったけど。所々でストライド奏法っぽい演奏もあって楽しかったです。

 非常に気のいいおっちゃんで、やたらサムアップして、やたらセルフィーして、最後のアンコールでは観客をスキャットで歌わせてくれました。

 とっても楽しいひと時でした。
posted by delta16v at 23:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
チック・コリアと小曾根、ステキ過ぎます!
Posted by 銀色。 at 2016年05月20日 21:48
チック・コリアがきたのかぁ。いいなあ。
若い頃はよく聞いていたけど最近はさっぱりだわ。
Posted by スフィア at 2016年05月20日 23:33
わたしのような血中チック・コリア度が低いものが行ってもよかったのかw

小曽根真を知ったのは大ラッキーでした。
Posted by delta16v at 2016年05月21日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175365171
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック