日々雑感II Top > 日常 > 長野えびす講、近づく

2006年11月17日

長野えびす講、近づく

1040715.JPG 長野の秋祭りであるえびす講が近づき、あちこちにこういう幟が上がる季節になりました。11月のえびす講が終わると、長野では冬支度の始まりです。早いものだなぁ。

 えびす講では長野えびす講煙火大会という花火大会が行われます。なんでも明治32年から続いているんですって。

 この花火、イナカにしちゃなかなかなもので、市民はみんな打ち上げの行われる千曲川の川っぺりや、近所の丘に登って見物する風習です。長野は盆地なので、どこからでも見えるはずです。

 だいたいが11/23の祝日にやるんですが、ああ、締め日だよ。仕事だよ。
 さっさと終わらせて、子供たちと裏山にでも登ろうかなぁ。
posted by delta16v at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1740415

この記事へのトラックバック