日々雑感II Top > 私論/暴論 > 子供に見せたくないニュース

2006年11月09日

子供に見せたくないニュース

 自殺予告公開は自殺を誘発するを読んで、思ったこと。
上記エントリの内容について、すべて同意できるわけではないが、自殺予告の手紙が大々的に報道されていることに対して、ふと疑問に思ったこと。

 大人には伝えなければいけないが、子供には見せてはいけないニュースもある。

 「子供」と言っても年齢だけで決められるわけではない。ここでいう「子供」とはメディアリテラシーが未発達な者だ。

 報道の信憑性、客観性の判断。その情報の持つ意味の考察は重要だ。こういった「メディア」の本質とそこから伝えられる「情報の評価」を理解した人間にしか見せてはならない景色、というものもあるのではないか。

 死にたければ死んでもいいんだ、いじめられて生きる人生ならさっさと自殺せよ、などと極論を主張する人もいる。言論としては自由なのだろうが、大人の言うことを子供は意外と素直に受け入れてしまう場合もある。その時の自分の気分にマッチしている意見ならばなおさらだ。

 世の中の嫌なもの、汚いものからから目をそらせてはならない。たとえば戦争の様相は伝えられなければならない。だが人が人を殺すところを強烈な映像として子供に見せていいとは思えない。

 いっそ、情報を選択して送受信する方法はないものなのだろうか、と思ってしまう。現在のブロードキャストのしかけだと無理なのだろうが。それよりも自分の子供にしっかりしたメディア教育を行うほうが手っ取り早いだろうか。地上波なくせ、ってわけもいかないしな。

 とにかく、朝から自殺する子供のニュースを見るのは、本当につらいです。
posted by delta16v at 08:14 | Comment(3) | TrackBack(3) | 私論/暴論
この記事へのコメント
何かと御騒がせの筑紫哲也氏がニュース23で言ってましたが、WHOの報道ガイドラインってのが有るそうです。webに有りますが、pdf。此処も手抜きですか。
機械翻訳出来ません。
Posted by at 2006年11月11日 15:57
上記名無しコメントBLACKBIRDでした。
Posted by BLACKBIRD↑ at 2006年11月12日 03:15
報道人ってのにはきちんと親の務めを果たしている人って少ないのじゃないかと思うのです。偏見なら申し訳ないけど。

マスコミの人もちゃんと人の親として成長してもらいたいですね。

WHOの報道ガイドライン情報ありがとうございます。また読んでみます。でも英語なの?きびしいですね(笑
Posted by delta16v at 2006年11月12日 14:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1684897

この記事へのトラックバック

自殺予告ははがき職人の仕業?
Excerpt: まだ、はがき職人という言葉がなかった頃、はがき職人だった。 地元ラジオ局を手始めに、やがては全国デビューを果たすことになる。 忘れもしない高校1年の夏休み。土居まさるが司会する日曜昼間の人..
Weblog: かきなぐりプレス
Tracked: 2006-11-09 09:46

彼らは11日に死ぬのか?
Excerpt: また新たな、いじめによる自殺予告の手紙が届いた。 やっぱり11日に死ぬという。 彼らは本当に11日に死んでしまうのだろうか? 筆者、個人的にはいたずらの可能性が高いと思うし もし本当にいじめられ..
Weblog: しっとう?岩田亜矢那
Tracked: 2006-11-10 00:33

劇場型自殺予告と言うけれど
Excerpt:  最近、いじめ自殺が続いたこともありましたが、ついに来ました「自殺予告」。  正直、このご時世だから本当にやりかねず、やってしまったらまた騒ぎが大きくなることもあるので、心配なものです。それにしても..
Weblog: きらきら日記
Tracked: 2006-11-10 09:54