日々雑感II Top > 本・雑誌 > 野田昌宏氏死去

2008年06月06日

野田昌宏氏死去

野田昌宏死去 正式なニュースソースはまだ上がっていませんが、宇宙軍大元帥こと野田昌宏氏が亡くなられたようです。拙ブログに、「野田昌宏 死去」のキーワードで検索に見えた人がいて、まさかと思ってあちこちのフィードを確認しました。どうやら事実のようです。なんてこった。

「あの近くにガチャピンの恋人の家がある!」 - 真理省
 宇宙軍大元帥閣下こと、野田昌宏氏が亡くなられました。享年74歳。若すぎる……と言うべきか、でも数年前にお見かけしたときはずいぶんお爺ちゃんになってはったし。今までのお仕事のことなど考えると、大往生なのでしょう。最後まで現役でしたしね

 え、?えーーー???!!!

 ついこの間、今日泊亜蘭氏がなくなったばかりだってのに、どうしちゃったんだよ。SFの神様!

大元帥も
「SFは絵だねぇ」

の名言を残し、去られてしまいました。

 「銀河乞食軍団」好きだったなぁ。ロケ松はご自身そのままのキャラクターで大好きでした。それから私はやっぱり金平糖錨地のひとびとが好きでしたよ。外伝いっぱい書いてもらってよかったなぁ。ああ。

「あるある」の納豆捏造とガチャピンの日本テレワーク | 日々雑感IIなんていう事件もありました。日本テレワークのファンである私としては、どうしても納得のいかない事件でしたが、野田昌宏氏、心を痛めたんじゃないでしょうか。

 またもや日本のSFシーンには欠かせない大家が亡くなられました。僕らはそれでもSFに邁進し続けなければなりません。

 ご冥福をお祈りいたします。
posted by delta16v at 17:58 | Comment(8) | TrackBack(0) | 本・雑誌
この記事へのコメント
とうとう毎日.jpにも訃報が出ましたから本当なのでしょう・・・。
講談社の内田勝さんといい、ある世代の少年たちをたぶら、もとい
大きな影響を与えた方々が、立て続けに去っていきますね。

「レモン月夜の宇宙船」手放せなくなったな、こりゃ・・・。
Posted by ataru at 2008年06月06日 19:51
コメントありがとうございます。

>ataruさん
SFMでは今日泊亜蘭氏の追悼特集も企画中でしょうに、そんななかの野田昌宏氏の訃報です。本当に驚きました。

私も野田昌宏氏の語り口に侵された、もとい、多大な影響を受けた方ですが、そういったこと以上に例えばキャプテンフューチャーですとか、スターウォーズですとか、シャンブロウですとか、そういったものを、「とにかくすげぇ、見てみろ!読んでみろ」とSFの地盤拡大に尽くされた方だと思います。まあ、ご本人は好きでやっていたのでしょうけれど。

「スペースオペラの書き方」、読み返しています。

大元帥の魂、巨大化学燃料ロケットに乗り、宇宙を駆けんことを。

いつか次元の穴からひょっこり顔を出されますように。

それまでさようなら。
Posted by delta16v at 2008年06月07日 08:44
初めまして。野田昌宏氏訃報の記事を読んで、おっしゃる通り検索をかけてたどりついた者です。本当に残念・・・つーか悲しい気持ちなので、SFがお好きらしい管理人様がやっておられるこちらのHPにカキコさせてください。
私にとっては、他人が訳した「シャンブロウ」のあとがきで血を吐くような思いを縷々のべておられたのが一番印象に残ってまして、本当にSFがお好きだったんだなあと改めて感じております。
今日泊亜蘭氏が97歳まで生きてくださってたのに、なんで野田氏は70代で、とか恨み言を言ってもしゃーないですが。矢野徹氏、光瀬龍氏が亡くなったときも一年ぐらい落ちこんでました。今年もそんな年になるんだなと思ってます。
Posted by シド at 2008年06月08日 07:46
コメントありがとうございます。

その昔、中学の頃に野田昌宏氏の「SF英雄群像」に出会いました。ジェイムスン教授や、シートンやキニスンたちの大活躍をこの上なく楽しい語り口で紹介されて以来、ずっとSFに親しんできました。そういう意味では父親も同然のような方でした。

これほどたくさんの子供たちに見送られるとは、ある意味うらやましくもありますが。

偉大な足跡を残された方が逝くたびに、こうやって歴史は進んでいくのか、とひしひしと感じてしまいます。
Posted by delta16v at 2008年06月08日 09:22
私も検索をかけてたどり着きました。40過ぎのおじさんですが、とにかくショックです。
 その昔、大学受験直前にSFMのエッセイで野田さんが何か(忘れました)プレゼントすると書かれていて、それに応募したところ「ものは終わったので代わりに」と発売直前の『あけましておめでとう計画』を丁寧なサイン入りで送っていただきました。本当にうれしくて、受験会場までお守り代わりに持って行ったことを思い出します。もちろん今でも宝物にしています。
 ファンを本当に大切にする方でした。心からお悔やみ申し上げます。
Posted by takagi at 2008年06月08日 20:12
コメントありがとうございます。

>takagiさん
「あけましておめでとう計画」。日本テレワークシリーズですね。懐かしいです。サイン入りなんて、本当にうらやましい。

SF関係の方々にはファンを大切にしていらっしゃる方が多いように思います。ファンダムが支えているという事情がありますし、御本人自身がSFカテゴリーに属する熱烈なファンである場合も多いようですね。

野田昌宏氏についても、SFファンとしての自負も非常に強かったように思います。本当に幸せなカテゴリーなのかも知れません。
Posted by delta16v at 2008年06月09日 08:03
ワタシャ、氷室冴子さんがお亡くなりになり、凹みました。
Posted by ぽち at 2008年06月12日 17:28
>ぽちさん
同日に二件のニュース。なんてことだと思いましたよ。

私としては今日泊亜蘭氏の訃報があったばかりなので、余計に暗い毎日です。不謹慎ですが、なんだかあの世の方が楽しそうに思えてしまうような時もあります。

人はこうやって年を取っていくのですね。
Posted by delta16v at 2008年06月13日 08:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15744681

この記事へのトラックバック