日々雑感II Top > 本・雑誌 > 人類は衰退しました

2008年05月17日

人類は衰退しました

人類は衰退しました 「人類は衰退しました 」読了。

 出張中に読みました。度胸の最終進化形。成せば成る。

 あの語り口、あの行動。基本的に名無し。楽しさ度の高い所に突然大量に現れ、とんでもないことをしてすぐに逃げ散っていくのあの姿。妙なまぬけさ。

 あの妖精たち、あれは要するにネットワーカーという奴だな。2ちゃんねらーと言ってもいい。ねらーがあんなにかわいいかよ、という声はあるにしても。きっとそうだ。そうに決まっている。ということにしたいのですね。

 「人類衰退もの」というジャンルがもしあるとしたら、「ヨコハマ買い出し紀行」とともに語られる一品となるだろう。子供の頃植えつけられてのは滅亡のビジョンを伴う終末観であって、このような「衰退」フィールのエンディングではなかった。原爆でいちころとか、細菌兵器で一週間で絶滅とか、海に沈没とか、要するに滅びにもいちいちダイナミズムが伴っていた時代だったのだ。

 いつ頃からこういう静かなフェイドアウトがしっくりくるようになったのだろう。そこでは「滅亡」という事実が持つネガティブな感情がうまく取り除かれ、なんとなくほっとした日々であるように描かれているのだが、それがいったいどのような意味を持つのか。

 うーん、続巻も出ているようなので、もうちょっと読んでみます。

 評価未決定。

posted by delta16v at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15013863

この記事へのトラックバック