日々雑感II Top > 本・雑誌 > ロケットガール4魔法使いとランデヴー

2008年05月17日

ロケットガール4魔法使いとランデヴー

ロケットガール 「魔法使いとランデヴー(ロケットガール 4)」読了。

 出張中に読みました。度胸一発、成せば成る。

 諸般の事情で女子高生が宇宙飛行士になるハードSFシリーズ(?)の第4巻。こんな表紙だったかなぁ。1〜3までのタッチとちょっと違うよ、と思ったら、OVA版が制作されていて、それに合わせた絵柄の変更のよう。この表紙、なんとかしてくれよ。鶴田謙二に頼めばもっと違う表紙に...って、違いすぎるか。

 中編の表題作と短編が3本。ちょっとお得な感じ。

 「魔法使いとランデヴー」は「はやぶさ」を擬した「はちどり」の飛行と回収をたどっています。「はやぶさ」について名前は聞いたことがあるが、詳細を知らない、という人がいらっしゃればわかりやすく説明されていますので一読の価値があるのかも。

 実際の「はやぶさ」については巻末にも書かれていますが、バッテリの復旧まで行っていますから事実の方が更に先に行っちゃってるわけですね。まだじりじりと地球目指して飛行中なのです。がんばれ「はやぶさ」。

 そう言えば、終端速度、ターミナルベロシティですか?話題に上がっているのですが、先日の、紙飛行機で大気圏突入! | 日々雑感IIでも考えたのですが、要するに高度の高いところで十分な減速が行われないと、やっぱりふわふわ降りてくることはできないのですよね。紙飛行機の方は高温でも燃えないような工夫もあるようですが、どうなんでしょうね。

posted by delta16v at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14998491

この記事へのトラックバック