日々雑感II Top > 本・雑誌 > 神様のパズル

2008年04月28日

神様のパズル

神様のパズル」読了。

 ああ、表紙でだまされた。ずっとラノベだと思っていたんです。確かに綾波/長門系天才少女が主人公なんで、こういう表紙でもいいのかも知らんが、誤解されやすそうだ。しかも、「物理学のゼミのテーマを相談している時に天才少女が『宇宙を作ろう』と言い出して」なんて聞けば、やっぱりラノベだと思うよな。でも中身はちゃんとしたSFでした。

 作られた天才児の内心の葛藤。神と語ることを切望するその心。うーん、いいね。

 作中でも「フェッセンデンの宇宙」は言及されていますが、あれよりはかなり今ふうな「宇宙の作り方」ではあります。ちなみにその作り方ですが、「加速器で素粒子をニアミスさせ、そのスピンの中心に発生するアイソ・カー・ブラックホールに、コヒーレントなガンマ線を撃ち込むことで、無から宇宙が開闢する」のだそうです。なんともっともらしい。

 巨大な加速器の描写にも感心しました。友人にKEK勤務の人がいるんですが、ああいう施設の勤務には、あこがれてしまいますね。

 学生時代の描写として読むと青春小説としてもいけてます。なんかいろいろ思い出しちゃったよ。最近だとサークルクラッシャーとかいうんですか(笑)。

 機本伸司かあ。他の作品も読もーっと。

 ちょw。ぐぐってみたら、映画『神様のパズル』公式サイトだって。いやいやいや(笑)
 こういう仕立て方されてもなぁと思いますが、KEKでロケとか聞くと、ちょっと見てみたい気も。

posted by delta16v at 12:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本・雑誌
この記事へのコメント
原作の方の「神様のパズル」はおもしろかったけど、映画はどうなんだろね。

「ロック」なんて話は出てこなかったし、こっちは米作のシーンがどうなっているのかに興味があるんだしー。
Posted by hirata at 2008年05月24日 19:21
コメントありがとうございます

>hirataさん
何しろ角川春樹ですからねー。話題にはなるでしょうが、映画としてはどうなんでしょうね。

米作の着眼点は素晴らしいと思います。
量子加速器と腰の曲がったおばあさん。
そういう描写がある映画なら、もしかしたら見に行くかも。

「神様のパズル」、SF書評諸氏の評価を見ると、青臭くて見ちゃいられねぇ、という意見と青春ものとして結構読めるという人が分かれるようです。私は今のところもうちょっと機本伸司氏に突っ込もうと思っていますが、どれを読んでも、あまりに作風が変わらないので、最近ちょっと食傷気味になってきました。
Posted by delta16v at 2008年05月26日 12:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14502429

この記事へのトラックバック