日々雑感II Top > 私論/暴論 > 仕事をできる人作れる人

2006年10月04日

仕事をできる人作れる人

404 Blog Not Foundさんにトラックバック。

仕事をできる人作れる人にいろいろとインスパイアされました。
「人の仕事を増やしやがって」という意味の「作る」ではない。仕事そのものを「発見」し「整理」し、それを「業務化」する人のことである。


 をう。なるほど。

 要点としては、仕事を行う職人も大事だけれど、未整理のまま転がっている問題やオーダーをいかに発見し、問題化し、手順化し、業務化するか。その仕事を行う人が「仕事を作れる人」であり、どっちも大事、という話と受け取りました。

 私も中間管理職などをやっていますが、「管理職」などといっても中小企業においては単に何でも屋の雑用係で、会社側のメリットとしては、時間外手当をつけなくてもいいこと、というくらいの扱いだったりします(ひどい)。実際にその「管理職」にあたう職務として「何をすべきか」ということを考えると、前述の「仕事を作ること」はひとつの回答になるのではないか、と思いました。

 以前、「いくら君の能力が高くても、三人分働くのは不可能だ。ただし10人の仕事を15人分の実績としてあげることはやり方次第で可能だ」というようなことを社長に言われたことがあります。

 プロフェッショナルとして生きたかった自分がジェネラリストの道を歩まざるを得なくなりつつあるのは、それはそれで残念なことなのかもしれませんが、まあ成り行きで仕方がありませんね。

 中間管理職の「仕事」が雑事に追われて本質を見失いがちです。部下たちもそれぞれ一職人から、リーダーシップを要求される業務に付く年齢になりつつありますので、「管理職の仕事」というのは常に考えながら業務に接したいと思います。

 研修のレポートか、これ(笑。
posted by delta16v at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私論/暴論
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1390770

この記事へのトラックバック