日々雑感II Top > 本・雑誌 > 広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由

2005年01月25日

広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由

広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由 「広い宇宙に地球人しか見当たらない50の理由―フェルミのパラドックス」、やっと読了しました。この頃はがんばって時間を取らないと、本が読みきれなくなってきました。

 最初は「と学会」風のデバンカー本かと思ったのです。しかし内容は非常にハード。

 「フェルミのパラドックス」というのがあります。

 物理学者のフェルミが言い出したことですが、
「宇宙に膨大な数の星があり、一定の割合で知的生命体がいるのなら、膨大な数の宇宙種族がいるはずだが、なぜ宇宙人は地球に来ていないのか」
という疑問です。

 物理学、生物学、言語学、SFに進化論にプレートテクトニクス。
縦横無尽に話題が広がります。

 そして最終的に明かされる筆者の見解とは...

 そのすさまじいエンディングに泣きそうになりましたが、今は本当に地球を大切にせねば、と思いで一杯です。

 「環境を破壊してまったく気にしていないのは、アメリカ人と中国人だ」

と言ったのはカール・セーガンでしたっけ。

 みんなにこの本を読んで欲しいです。

posted by delta16v at 12:03 | Comment(4) | TrackBack(0) | 本・雑誌
この記事へのコメント
>delta16vさん

>「環境を破壊してまったく気にしていないのは、アメリカ人と中国人だ」
>といったのはカールセイガンでしたっけ。

はげしく同意。さいきん日本人の一部もちょっと入ってきてて脅威に感じてます。

そうではない大人を目指してます。子どもたちのためにも・・・・。
Posted by ebina-kota at 2005年01月25日 12:14
コメントありがとうございます。

こういうことは一人一人の心がけの積み重ねですよね。
ネガティブな方には簡単に転びますが、正しい道に戻すのには、途方もない努力が必要です。とりあえず啓蒙なんでしょうねぇ。

でも本当に地球を大切にしたいです。
Posted by delta16v at 2005年01月25日 12:26
基本的に侵略者ですからね、両者とも。でも中国を単純に環境破壊者
といっていいかどうか、ちと疑問。富める者の理論という側面も考慮し
ないといけないと思います。多分長江ダムを指しているのではと思いますが。
Posted by belage at 2005年01月26日 12:30
カールセーガンの原著に当たったことはないので、ちょっと不明です。なぜかこのセリフだけ覚えていたという...

「科学と悪霊を語る」だったかなぁ。
また調べてみますね。
中国はあの人数ですから、何をやっても大勢を動かしてしまうのですね。
Posted by delta16v at 2005年01月26日 12:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1229234

この記事へのトラックバック