日々雑感II Top > 本・雑誌 > 歳相応の本

2005年08月31日

歳相応の本

歳相応の本 本屋さんに行くと、児童書のコーナーには「〜年生向け」という帯が付いた本がたくさんあります。

 私自身はまるっきり年齢と合わない本ばかり読んで育ってきましたので、こういう表記を見ると、とっても違和感というか、大人気なくもあからさまな反感まで感じてしまいます。

私が小3の頃というと、暮しの手帖関連の本が家にごろごろあり、「戦争中の暮しの記録」ですとか、「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる」ですとか、「スポック博士の育児書」(激しく謎)なんかを読んでいたような気がします。

 小学校高学年から中学にかけてはブルーバックスとハヤカワの文庫、あと遠藤、北、畑、とかその辺を読んでた気がします。

 こういう帯を見て子供が本を選ぶわけではないと思うので、本を読ませたい親が参考にするんだろうなぁ。
 なんとなーく、その気分はわからないことはない今日この頃ではありますが。

 子供を知識に導くことは出来ても、考えさせることは出来ない、とかいったのは、歴史と道徳哲学のデュボア先生だったでしょうか。

 そういえば雪風、あんまり(というか私ほどは)本読まないんだよなぁ。不思議。
posted by delta16v at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1229173

この記事へのトラックバック