日々雑感II Top > 私論/暴論 > 2007年問題に関する感想:定年のイメージ

2006年05月11日

2007年問題に関する感想:定年のイメージ

 2007年問題とかいうのがあります。というかあるそうです。

 団塊世代が大挙して定年を迎え、色々な変化があるだろう、とのことですが、やはり職場からエキスパートが激減することに対するネガティブな予想が多いようです。

 団塊直撃というと来年以降なんでしょうが、今年あたりから定年を迎える方が増えてきました。

 で、ふと自社や取引先の様子をみますと、定年を迎えても、嘱託扱いで社内に残られる方が結構おられる様子。

 ご本人の希望もあるでしょうし、会社側の都合もあるのでしょうけれど、私の中の「定年のイメージ」というのは、なにかこう職場の人たちに花束をもらうとか、定時に退社してふと会社の玄関を振り返るとか(笑)、とにかくそういうステレオタイプなやつなんですが、どうも様子が違うふうです。

 一応、朝礼とかで挨拶はしますが、別に翌日もふつーに出社しているし。うーん。

役を外されても、やっていることは同じだったりしますから、会社という組織がいかに世代交代をきちんと考えてこなかったのかが如実に見えるような気がします。その時その時が大切だったのはわかるけどなぁ。

 本番を迎える来年以降、どのようになっていくのでしょうか。

 団塊世代はその日、社屋を振り返るのでしょうか?
posted by delta16v at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私論/暴論
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1229111

この記事へのトラックバック