日々雑感II Top > 本・雑誌 > 川又千秋著「翼に日の丸」:『ラバウル烈風空戦録』、待望のシリーズ完結へ!

2005年11月24日

川又千秋著「翼に日の丸」:『ラバウル烈風空戦録』、待望のシリーズ完結へ!

翼に日の丸 あまりに信じられないことなので、大急ぎでアップしときます。川又千秋のあの「ラバウル烈風空戦録」が完結するんだそうです。

 なにしろ最後にでた15巻「逆攻編」が97年のことですぜ、まったく。

 何があったのか中公から角川に出版社変わってます。

 「翼に日の丸 上 双戦篇 (角川文庫)」だって。うーむ。
日米の泥沼の消耗戦。太平洋の空を零戦、双戦、烈風、閃風が舞う。一人の戦闘機パイロットの目を通し描き出す、もう一つの空戦の歴史がここに。『ラバウル烈風空戦録』、待望のシリーズ完結へ
 ほんとか?本当かよ!?信じられネーよ。墓場にはいっても読めないと思っていた完結が読めるのか!?

#それにしてもなんで「上 双戦編」なんだ?
#話、戻すのか?

 完結できない大作を書く作家は困るナーとか思ってましたが、今回本気で完結するんでしょうか。実際「ラバ空」本編は烈風も登場したし、いいところまではいっていた訳で、なんであそこで止まってたんだか、って感じでしたが。やっぱ完結前に外伝なんて書いてちゃ駄目なんだな(笑)

 ああ、夢じゃないかしらん。早く注文しよっと。

 興奮気味でお伝えしました。

posted by delta16v at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1229040

この記事へのトラックバック