日々雑感II Top > 本・雑誌 > 下流社会&他人を見下ろす若者たち

2006年04月26日

下流社会&他人を見下ろす若者たち

下流社会&他人を見下ろす若者たち 先週から今週にかけて読んだ本。

 会社の若者たちがどうもよくわからないので、最近この手の分析本(?)をやたらと漁っています。

 この二冊は心理学者とマーケッターが書いたもの。著者の立場を考えながら読む必要あり。

 どちらも比較的分析の方に比重がおかれていて、合間あいまになんかこう頭にくるインタビュー(笑)や事例をちくちくと載せながら、それ自体の善悪にはなるべく言及しないという形式。評論にはいたっていないように思えますが、実態を知るにはよかったと思います。

 どちらも現代の若者のあり方を分析していますが、まあネガティブな扱いなんだろうなぁ。それにどう対処するかという点は自分で考えないとしかたがない、それがまあ今の自分の仕事ですか。

 世代論的にいうと、私自身は新人類ってやつなんでしょうか。わが身を振り返りながら読むと、なかなか耳が痛いところも多々ありました。自分もよりよく生きねば。

 それにしても30前後の若者を教育なんて、ぞっとします。30過ぎていまさら成長なんてしないでくれよ、と半ば逆説的に思ったり。

 ああ、これも仮想的有能感って奴ですかね(笑)。
 


posted by delta16v at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1228684

この記事へのトラックバック