日々雑感II Top > 本・雑誌 > ケータイを持ったサル&考えないヒト-正高信男著

2006年05月19日

ケータイを持ったサル&考えないヒト-正高信男著

正高信男 正高信男氏の二冊。doblog内で読んでいる方がいて私も便乗。

 よく考えてみると、妻が仕事がらみでよく正高氏読んでたんです。本棚に「父親力」とか入ってるし。

 サル研究家、ということでとかくサルのフィールドワークに引水されるのですが、その辺はまあ(笑。
観察力という点はさすがに研究者だと思います。

 このところこの手の若者世代批判本(笑)を立て続けに読んでいます。心理学者が書いた本、マーケッターが書いた本、サル研究家が書いた本。どれもふーむと思います。

 コミニュケーションの範囲としての「社会」が狭く、そこがプライベートの延長してしか捉えられない(あるいはプライベートの延長とできる範囲のみを自分の「社会」としている)という雰囲気はたしかに感じます。

 こういう人々と接する時の参考であるとともに、自己を振り返るいい機会になりました。私としては文化の喪失の章が読みどころでございました。

 私がケータイを持たない理由にもいろいろありますが、なんか力を得ちゃったな(笑

 

posted by delta16v at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 本・雑誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1228596

この記事へのトラックバック

考えないヒト:について考えるひと
Excerpt: いろいろとを考えさせられる本ですが。ちょっともったいないと思った本です。 「考...
Weblog: はてさてブックログ
Tracked: 2008-04-17 10:02