日々雑感II Top > 特撮 > 零下140度の対決

2008年02月25日

零下140度の対決

零下140度の対決 昨日はよく降りました。かいてもかいても降り積もる雪。まったくもってガンダーがにさんびきその辺に隠れているのかと思いましたよ。

 で、千早のウルトラアイを借りて(なぜこんなものを持っているのだ、そこの保育園児!)、つい零下140度の対決ごっこ。雪の上のウルトラアイ。見ごたえがあります。

 「零下140度の対決」と言えばヒッチコックばりに金城が出てきてアンヌにだっこされたり、フルハシがドリルで原子炉を治したりの見ごたえたっぷりなお話ですよね。

 一説によるとあのポール星人の一件で、セブンはエネルギーを使い果たしてしまい、それ以降の戦いはピンチの連続になってしまった、という後付けかどうかよくわからない設定もあるのだそうですが。

 うーん、それにしてもよく降ったものですが、あまり雪が残らないんですね。今までも何度か雪は降ったし、トータルでは結構な量だと思うのですが、その度に融けて、町はカラカラになっています。

 この辺が温暖化なのかなぁ。
posted by delta16v at 17:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11432262

この記事へのトラックバック