日々雑感II Top > 子供 > 輪ゴムエンジン

2014年08月16日

輪ゴムエンジン

輪ゴムエンジン 仕事に行って帰ってきたら、秋月がなんか変なもん作ってました。

 なんすかこれ。なにかの降霊術でもはじめるんですか。




輪ゴムエンジン 秋月が言うには、セロテープの芯に輪ゴム巻いてあっためるとぐんぐん回転するんだ!ということだそうです。やっぱなんかの儀式みたいだな。

 詳しく聞いてみると、降霊術じゃなくて、どうも夏休みの宿題の工作のようです。どんな悪魔呼び出すのかと思ったよ。

輪ゴムエンジン 割と精密に設計図なんか書いていましたが、こうやって輪ゴムを巻いて…






輪ゴムエンジンこうすると出来上がり。

 最初に作った試作機が回らないから調べて!というのでみてみたら、中心のシャフトに竹串を使っていて、それがフォークの間に挟まって回らなくなっていたのでした。

 見りゃわかるだろw

 試作二号機は縫い針を使って作り直し。

輪ゴムエンジン どうやって回すかというと、この輪ゴムをドライヤーで温めるんです。

 温まるとゴムが伸びて中心がずれ、そのバランスでセロテープが回転するという次第。
 どのくらい精密にセンターを出すかが勝負なので、精密に図面を書いたりしていたわけですね。

 夏休みの宿題的には、「どのポイントを加熱すると一番よく回るか」とかそういう考察もさせてみました。センターが中心より上に来るとぐるんぐるん回るはずなので、まあ良く考えてみなよ。

 あと冷蔵庫で冷やしてからやるともっと回るんじゃないのとか入れ知恵しました。

 宿題は無事に完了したようです。
posted by delta16v at 20:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 子供
この記事へのコメント
我が家は光量器を作ったよ。
Posted by スフィア at 2014年08月19日 20:29
最近父がRaspberryPiで遊んでいるので、電子工作でも教えようかなあと思いました。

定番のLEDチカチカでもやると面白いかな、と思いましたが、子供は夏休みでも大人はずっと仕事なので、そのような時間も取ってやれずちょっと残念な夏でした。

秋月の輪ゴムエンジンは本を見て作ったみたいですが、しょぼい工作でもいろいろ頭を使うことがあってやっぱり教わってやるより自分で考えてやるのは大事だなあと思った次第。

親が面白がって教えすぎるのも考えものです。
Posted by delta16v at 2014年08月20日 08:14
輪ゴム
Posted by 輪ゴム at 2022年05月29日 18:26
若井研治
Posted by 平岡裕治 at 2022年05月29日 18:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102523699
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック