2014年07月20日

伝説のプログラマ

2014-07-19 19.24.382.jpg 伝説のプログラマにお会いしました。長野県在住のフルハタさんです。MZのえらいひと。ほんとうにすごいひと。

 途中でDTPのえらいひとになって、今はJavaScriptのえらいひとだそうです。本もいっぱい書いてるそうです。

 MZでのプログラミングは今も現役だそうで、実演してくれましたが、これがすごいんですよ。

 私も高校生の頃は、授業中に紙にアセンブリでソースを書いて、ハンドアセンブルして夢想していました。マイコン持ってなかったから、CPUになったつもりで心でループしたりとかしてたんです。当時としてはそれが精一杯というかそれが普通のナイコン族だったわけですが、フルハタさんのプログラムは違う。

 何しろマシン語なんです。いきなりマシン語。アセンブリじゃないの。画面に向かって16進でばちばち打ち込む。そのプログラムが動くんですよ。どうなってんの。

 聞いてみたら、最初はアセンブラというものを知らず、いきなりインストラクションセットもアドレッシングモードも全部暗記したんだそうです。そういうもんだと思ったんだって。なんぞそれ!

 今でもスペハリとかアルカノイドとか書かれたカセットテープをいっぱい持ってて、48kb使いきってんですよ残りは16バイトもないですよ、とかウハウハした顔で仰る氏は真のプログラマだなあと思いますた。

 えらいなあ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101899605
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック